2006年04月07日

花と金

秘すれば花


「沈黙は金」

って、ほんとうらしい。

(と、おしゃべりな私が言ってみるこのパラドックス)



「言わないこと」を選ぶこと




ゆるすこと にちょっと似ている。
posted by ル ブルー at 20:03| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

こだわりの同じひと

携帯電話は、
普通に通話できてメールが送れれば
その他の機能やデザインは比較的どうでもいいです。


色だけはちょっとこだわっていて、黒が好きです。

まあ、黒い携帯がなくて、ドウデモイイヤ・・・と思って
二年ほどシルバーの携帯を使っていたこともあるんですけど。
(おいおい、こだわってないじゃないか)



でも、今の携帯はすごく気に入っています。
あと2,3年は・・・無理かな、とりあえず大破するまでは使いたいです。
何より黒くてシンプル、
薄型で軽いところが気に入っています。

選ぶときは惰性だったのに、
使っていく内にこだわりが出来たといいますか、
要するに愛着があります。



しかし、私の携帯は、かなり古いです。
買った当時ですら2〜3機種前だったので、
今なら5,6機種以上前なんじゃ・・・・・・・。

なので、街中で
私と同じ携帯を持った人をあまり見たことがなかったのですが。




昨日、駅のホームでなんとなーく携帯を開いて見ていると、
隣に立っていた人が、
私とまるで同じ携帯を持っていました。


「えっ!?」

と思ってよく見てみると、なんと、
液晶画面に貼っているフィルタまで同じ!!
(*ナイトメアビフォアクリスマス)





この人って、私と同じ趣味なのかなあ・・・
すごい偶然だなあ・・・

と、ちょっと嬉しくなりました。


もしかしたら他の趣味も似ていたりして・・・
顔も似ていたら面白いなあ・・・
生き別れの双子とか・・・

いささかドキドキしながらどんな人か見てみると、









































明らかにAKIBA系だったです。

バンダナがペイズリー柄





前々からどうも自分って・・・・・・・・・・・

と思っていたのですが、
やっぱりアレなんですね。ウフフ。アハハ。


ちなみにMEIDO喫茶はまだ行ったことがありませんよ。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

「かたち」というもの

鳩サブレ


鳩サブレをいただきました。


このかわいらしいフォルム!
秀逸なお菓子だと思います。

小さい頃、大好きでした。
鳩の形をしているだけで、何かものすごく美味しそうです。
(実際美味しいですけど〜)


食べ物って、「形」も重要なんだなあとつくづく思います。


私がどうやって食べるかと言うと
posted by ル ブルー at 08:32| Comment(6) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

UNZARIしてしまうこと

英単語をやたら使いたがる風潮に UNZARI しています。
(どう見てもローマ字ですが風潮に乗ってみました)
正直言って気取っていると思います。


確かに、学問に関する話については、
専門用語(になりつつあるもの)は英語で言われた方がピンと来ることもあります。
「気取っている」とかじゃなくて、その方が話が早かったりしますしね。
日常生活でもそれはありますけども。
例えば、「ニュアンス」とかね。
もう、よくみんなが使っていて日本語(カタカナ語)になりつつあるみたいな。
「ニュアンス」を日本語で言う方が何かわかんないっつーの(「雰囲気」?)。



でも、やっぱり、何でもかんでも英語で言われるのは勘弁だと思います。



海外暮らしの長い知人は、半分以上英単語混じりで喋るのですが、
意味がわかんないです。
いきなり「デスティネイション(destination)は○○だよね」とか言われても
何が何だか分かりません!(アホでスンマセン)
会話がそこで途切れます。

あとテレビでコメンテーターとかがやたら英単語混じりで話していると、
意味がわかんないです。
コメンテーターって解説してくれるものじゃないんですかねえ。
余計意味がわかんなくなってるんですけど。(アホでスンマセン)



そうなんですよ、要は、

「通じるか・通じないか」

だと思うのです。

英語混じりで喋ることが悪いのではないのです。
相手に通じるか通じないかが大事なのです。
通じさえすれば、スペイン語混じりだろうがナメック語混じりだろうが構わないんですよ。
(*ちなみにアメリカ在住の世田谷の民はナメック語*をあやつります)
*ナメック語・・・ドラゴ○ボールを知らないお嬢様はスルーしてNE☆)


相手が英語を解さないと分かっているのなら(つまり私相手)、
そして自分が日本語も操れるのならば、(日本語がダメなら仕方ない)
英単語混じりの表現はなるべく避けて欲しいのです。

だって通じなければ、話す意味がないでしょう。
相手は英語が得意でないと分かっているのにそれでも英語を使うのは、
やっぱり「気取っている」としか思えません。

英語を忘れないようになるべく使いたい、と言っている人がいて、
それは納得しましたが・・・。
でも相手は選んだ方がいいと思うなあ。
それに、確かに、
「こんな単語くらい知ってて当然でしょ!」
と言われれば、頭を下げるしかないんですけど・・・・。(アホでスミマセン)



でも、これだけは言いたい。


個人的な関係においてならどういう言葉で話そうが、
「それどういう意味?」と簡単に聞けるから良いんですよ。

しかし、
万人に広く分かって貰いたいことを公に表すときに、
「知ってて当然でしょ!」
は無いと思うのです。


前述のコメンテーターのケースや、
標識などがそうだと思います。

誰でも英語を理解しているとは限りませんから、
誰にでも分かりやすい表現で表示するべきではないでしょうか。
看板や標識など、やたら英語を使われたら年配の方や私はたまったものじゃありません。
分かって欲しいのか、分かって欲しくないのか、ドッチダヨ!と思ってしまいます。


今、このケースで一番許せないのは、







デパートとかのドアに書いてある






























PULL(引く)

です。


正直言って思いっきり押します。

押す=PUSHなのはすぐ分かるんですけど、
PULLは一瞬戸惑います。(そして押します)

分かりにくいです。
ドアは開けて貰うためにあるのでしょう!?
分かりやすく日本語ででっかく書いたらいいんじゃないですか!?
何気取って「PULL」とか言っちゃってるんですか!?

こちとらPULLとPUSHの区別がつかねーんだよ!

UNZARIですよ!!


































って姉に言ったら

「お前の英語力のなさにコッチがうんざりだよ」

って言われました。


(義務教育を終えているのに、PULLとPUSHの区別がつかないのは私だけですか・・・)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

はぎわらじゃないよ

前々からまずいまずいと思っているのですが、
近ごろ流行からぶっちぎりで置いていかれています。


アニックグタールの新作はチェックしてますが(songes早く試したい)、
ファッションの流行と音楽の流行には置いていかれ放しです。




ちまたで流行の歌手の区別がつかないです。
特に人数が同じグループは危険です!
人数で違いを出して下さい!
モーニ○グ娘が今何人いるかも分かりません。
解散したバンドの曲ばかり繰り返し聞いています。(暴威大好き!)


カチューシャが流行ると聞いて、
小学校のとき使っていた白雪姫みたいなカチューシャを
(真顔で)装着して家でパソコンをやっていたら、
姉から
「そのまま外に出たら姉妹をやめますよ」
と言われました。
(白雪姫風がいかんのかと思って、
 店頭でラインストーンのものをつけてみたら、あまりの似合わなさに目眩がしました)
(問題は容姿だけじゃない気が)












こんな私ですが、
KAT−T○Nが今日CDデビューすることを知っています。

どうだ!流行に乗ってるだろ!


あとアレです、
K○T−TUNって、メンバーの頭文字を取ってつけたグループ名なんですよね!

どうだ!流行に乗ってるだろ!









ちなみに内訳(予想):


 ・・・「かめなし」
 ・・・「あかにし」

 ・・・「たなか」
 ・・・「たなか2」

 わー田中が二人もいるよ

 ・・・
 ・・・何だろう



(乗ってねーーーーーーーーーーーーーーー)






家に帰ったら姉がDVD付きで買ってきている予感100%
それで勉強します。
posted by ル ブルー at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

ポーション

ぽーしょん


先日、「ポーション」を貰いました。


ゲームに出てくるアイテムを商品化!っていうのが
何かすごいです。

「ポーション」は、ゲームのふぁいなるふぁんたずぃーに出てくるアイテム。
体力が回復しちゃうアレですよね。
(すんませんほとんどファミコンで記憶が止まっています)
わはは、本当に回復したら面白いのになー
味は一気飲みしたら逆にハプシッ!ってなりそうでしたけど







マリオのスーパーキノコも商品化するといいと思います。
いや、1UPキノコかな?
バカ売れすると思いますよ。
(主に私に)

何かキノコって警察に取り締まられそうな予感。
posted by ル ブルー at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

make the best of both worlds

人は誰しも自分を基準にするもので
自らを「中流」として周囲を判断しがちだといいますが、
大学の学費を奨学金とアルバイトでまかなった私は、
その法則を差し引いたとしても、
紛う事なき貧乏寄り一般市民だと思う次第です。
(虚しいですよ)



そんなワタクシ、大学で「お嬢様」と言える子に出会いました。

学費がべらぼうに高いわけでもないので、
学校のカラーとしては中流家庭の子が大部分だったと思いますが、
帰国子女がたまたま集まる学科にいたせいもあり、
時には海外生活の長いセレブ(っていう言葉がよくわからんのだが)家庭の人が
紛れ込んでいたのです。


何もこんな学校に来なくても、
お嬢様学校に行けばいいのに・・・と本気で思いましたが、
小さい頃は親の都合で過ごしてきたせいもあって、
大学くらいは普通の自分の好きな所に行きたいといった希望があり、
わざわざ来たのだとか何だとか。
「違う世界を見ておきたい」みたいな感じでしょうか。



特に、
ドイツ・アメリカ・オーストリアで12年を過ごしたというNちゃん。

彼女は、

・漫画を読んだことがない
・お祭りに行ったことがない
・こどものときのおやつは母親の手作りか有名パティシエの店のもの
 (駄菓子・コンビニ菓子は食べたことがない)
・20歳になったら、母親が祖母から受け継いだ
 ダイヤのネックレスを貰える
・夏休みや冬休みは、イタリアやオーストラリアに家族旅行
・ペットは大型犬(血統書付きなのが自慢)
・神戸に別荘がある



みたいな感じで、


・ジャンプを毎週買う
・お祭り大好き!アンズ飴とわた飴ははずせない
・こどものときのおやつは母親の手作り(失敗)かコージー○ーナー
 (駄菓子・コンビニ菓子大好き!うまい棒はコーンスープ味派)
・20歳になったら税金を払う
・夏休みや冬休みは国内に一人旅(素泊まり)
・ペットは金魚(10年生きているのが自慢)
・神戸とは神戸コロッケくらいしか縁がない



という私とはまるで対照的でした。







そんなNちゃんですが、今でも仲良くしています。

「住む世界が違う」なんて、
いつか壁を感じちゃったりするのかなあと友達になった当初は思ったものですが、
同じ事を勉強しているとやはり連帯感が生まれるのでしょうか。

お互いに違う世界のことを教え合い、
その違いに驚き、楽しめたのは良い経験でした。




彼女には色々な新作ブランド物(お父様のお土産)を見せて貰って、
おかげさまで、ブランド物に怖ろしく疎い私も
ヴィトンとエルメスの区別がつくようになりました。(かわいそっ)

行く予定が全くないけどドイツやオーストリア、
イタリアの素晴らしいスポットも教えて貰ったり、
帰国子女で語学に堪能な彼女に英語の宿題を手伝って貰ったり。






その代わり、
私はコンビニチョコのおいしさを教えてあげました。

小さい頃からこの手のお菓子は母親に食べることを禁止されていたそうで、
私があげたときいたく感激しており、
あんまり美味しそうに食べてくれるので嬉しくて、
次々に紹介しました。
彼女は、今では私よりコンビニチョコに詳しいです。


あと毎週ジャンプを貸してあげてました。
漫画の読み方が分からないと言っていたので、
「右から左のコマに向かって読むんだよ」と教えてあげました。
彼女は、今では自分で「デスノート」の単行本を集めています。









Nちゃんのお母様、何かすみません。
posted by ル ブルー at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

言葉は発する人によって重みが違う

若干シーズンがずれた話題で何なんですけど、
私、イルミネーションとか夜景とかがあまり好きじゃないです。


のっけからマイナスオーラ全開ですみません。




普通、女性はそのようなスポットに行こうものなら、

「うわあ、きれい〜ハートたち(複数ハート)

とか目を輝かせながら言ったりするものなんでしょうけど、


電気代いくらだろう・・・
といったことが気になってしまうわたくし、
夜景スポットに行ったところで、

「うん・・・まったくもって、完全なる夜景だね・・・」

と呟くだけです。


電気代が気になるんです。
クリスマスシーズンとかもう電気代が気になって仕方ないんです。
電気代いくらかかってるんだろう、
停電は大丈夫か、
電気代はどうなっているのか(しつこい)、
そんな風に思って夜景どころじゃありません。
そもそも高い所が好きじゃないんです。
よって滅多にそのような場所を訪れません。

(最悪)




このかわいげのない性格と思考回路の奇妙さは、
周りの人から何度も指摘と忠告を受けています。

「ちょっとかわいくないよソレ」と。

綺麗だと思えない心が、綺麗じゃないんでしょうね・・・。
夜景を見てはしゃげるようになりたいものです。






























って思ってたらさ、











この間テレビ番組で吉○ひなのチャンが



「私、夜景とか見ても電気代が気になっちゃって・・・
 夜景デートとか全然楽しめなかったんです」


って私と同じ様なこと言ってたのに、
他の出演者に、


「えー、ひなのちゃんってカワイイねー!」
って言われてた






【まとめ】
「夜景って電気代が気になるよね」という発言について


ひなの →カワイイ黒ハート

わたし →かわいくない失恋







同じ事言ってるのに

この差は何だ


(顔だろ)
posted by ル ブルー at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

大人って

わたくし、学生時代に4年間塾講師のアルバイトをしていました。



あんまり熱心に勤めていたので、
「教師目指してるの?」とたまに友達に聞かれました。

でも、私は教師には自分は向いていないと常々思っていたので、
その問いかけへの答えはNOでした。



何故向いていないか、と言えば、
頭が悪いということ以前に、私の素質に重大な問題があるのです。
話せば長くなるのですが・・・









例えば昨日、母が、

「ねえ、吉田カ○ン*って割とイイ値段するわよね。
 どうしてかしら」

と聞いてきたんですよ。

*吉田カバ○・・・老舗の鞄メーカー。ポーターが有名)


私は真顔で、

「・・・いや、それがね、吉田カ○ンってさ、
 『吉田』って名字の人を優先して採用するんだって。マジで。
 だから人件費がかかってしょうがないらしいよ。
 それが鞄の値段にも反映されてるんだって。

 でも全国の『吉田』姓の人だけで縫製された鞄ってことで、
 若者、特に『吉田』マニアの間で大ブレイク。
 裏原系としてこだわりある人たちの間で超ウケてるらしいよ。

 でも『吉田』姓にあぐらをかく従業員もいるらしくてね・・・
 ここだけの話、
 『吉井』や『吉川』で妥協しようって話が出てるらしい。
 ちなみに社長は当然『吉田』だぜ」

と答えました。





↑こういうところです。





端的に言えば、
答えられないときに
苦し紛れにありえない嘘を冗談で言うからです。
(最初からそう言えよ)


母は「えっ、それほんと?嘘でしょ?」
と半分信じているようでしたが、
最後に「いや、知らないけど」と付け加えたらはたかれました。


でも社長さんが吉田姓なのは本当です・・・よ。
(前半は当然の如く嘘です。
 多分、縫製が丁寧で凝っているからお値段にもそれが反映されているんでしょうね・・・。
 吉田カ○ンの方、すみません。)





性格が大変悪くて恐縮ですが、
いくら自分は冗談のつもりでも、相手が信じたら洒落にならないですよね。
これは人にものを教えるのに向いてないなあと思っただけです。



塾でバイトしているときにも、
何回もこの黒い誘惑にかられましたが、
ガマンしました。
「ちょっと分からないから今度までに調べてくるね!」
と正直に言いました。




でも、

「先生の腕って何でツルツルなのー?わたしの腕、毛が生えてるのに」

と小学生の女の子に聞かれたときには、


「女の人はねえ、大人になるとムダ毛が抜けるんだよ★」

と笑顔で教えました。


まさか、「自分でブチブチ抜いてるんだよコノヤロウ黒ハートとは言えないじゃないですか。


M美ちゃん、もうそろそろ真実に気がついてると思うけど、ゴメンね。
posted by ル ブルー at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

神秘のお弁当

弁当って、味噌汁とかカレーの具くらいその家(人)の特色が出ますよね。

うっそお前んちのかーちゃん、カレーにしいたけ入れんの!?みたいな。
(入れても美味しそうだが)


今日は、高校生の頃に見た、印象的なお弁当のお話をします。



ケース(1)

うちの学校には、とても厳しいということで評判だった体育の先生がいました。

私が柔道場の鍵を借りに体育準備室に行くと、
彼がちょうどお弁当を召し上がっていたのですよ。

私は当時怖いもの知らずだったので、

「あれ〜先生もお弁当だー。愛妻弁当ですか?」

と覗き込んだんですね。



そしたら弁当箱の中は
























ものすごくまずそうに見えるのは考えない方向で

肉じゃがオンリー






「からかうなよールブルー(仮名)!」

と強面の先生は照れ気味(当時新婚)。


奥さんは、先生のお仕事を気遣って
大量の炭水化物(エネルギー源)を弁当箱に詰め込んだのですね。



それにしてもご飯(これも炭水化物だけど)くらい
入れてあげればいいのに




ケース(2)

当時、クラス一、いや学校一の脚線美を持つ美女と私は仲良くしていたのですが、

彼女のある日のお弁当箱は、




























思い込みの力を利用すれば、カレー?に見えてきますよ。

一面カレー



よくルーが弁当箱からこぼれませんでしたね〜。
お母さんすげえな!

いやあ、その脚線美の秘密はカレーか!みたいに納得しちゃいましたよ。










他人の家のお弁当に好き放題言ってしまいましたが(性格悪い)、
どう考えても

弁当に甘納豆

を入れてくる私がブッチギリで何か言われそうな気がしますどうもすみません。
posted by ル ブルー at 08:40| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

分かりやすいものが好き

CMでチラリ・・・と流れた曲。
英語の歌い上げるバラードで、とても耳に残ります。

どこかで聴いたことがあるな〜と思い、
タイトルを思い出そうとしたのですが、
洋楽に疎い私には容易には思い出せませんでした。
絶対に有名な曲なのに・・・!


そういえば洋楽に詳しい友達がいた!と思って、
その子と遊んだときに、
恥ずかしいけれどワンフレーズを歌ってタイトルを聞いてみることにしました。



「ねえねえ『♪オーネスティ〜』っていうサビの曲って、
 タイトルなんだっけ?」








『オーネスティー』だよ」

(「Honesty」/Billy Joel/1978)








「フォレストガンプ」(映画)の主人公って誰だっけ?
って聞くくらい恥ずかしかったです。
(フォレスト・ガンプです)


良い曲ですね。
posted by ル ブルー at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

漢字のなりたちにもの申す

漢字のなりたちに関する問題です。

【問題】

「鳩」(ハト)という字のへんは、何故「九」なのでしょうか。






あれじゃない?象形文字。
ハトの形がさー変形して「九」になったの。

「九」って形がなんとなーくハトに見えてきません?

ハトに見えない





では正解を見てみましょう。






【正解】

ハトが「クックッ」(九)と鳴くからです。






・・・


・・・・・・。






・・・この解答、思いっきり解せないです。




ハトが「クックッ」と鳴くから
「鳥」に「九(ク)」をつけて「鳩」

だあ?


鳩の鳴き声は
「ドゥードゥーポッポー」だろうが!!







「鳴き声をへんにしてみました☆」って言い張るのなら、
ハトという漢字は正確に書くと、こう↓なのではなかろうか。


正確性を期したNEW漢字

























やっぱ「クック(九)」でいいです。



きっと、先人もこの過程をたどって「九」に妥協したんですね!


【新しい漢字を作る会の会議室にて】

「ハトの鳴き声はドゥードゥーポッポーだから、
  ハトという漢字は、こういう字にしてみたらどうだろう(上図参照)」

「チョット待てよ、それキッツイよ!
  ここは一つ、縮めて『ポッポ』くらいにしよう(→ポ鳥)」

「『ポ』もキツイよ!何か漢字としてキモイ。
  クックにして『九』にしたらつくりの『鳥』とバランスよくね?」

「『クック』とは鳴かねーだろ」

「でもしょうがないじゃん!」

「いや、Cの言うことも一理あるぞ。漢字としてのバランスは大事だ。
  アメリカでは犬の鳴き声は『バウワウ』って聞こえるらしいからな・・・
  聞こえ方の一種として納得してもらうしかなかろう」

「犬は『わんわん』だろうが!」



みたいな・・・。







朝、「60秒雑学クイズ」という番組をぼんやり見ていたら、
冒頭の「鳩」についての問題が出たんですが、
その解答のあまりの釈然としなさ(「鳩の鳴き声はクック」)にここまで妄想しました。

暇人ですみません。
posted by ル ブルー at 11:13| Comment(6) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

憎らしいニックネーム

イデア藤井の正体が分かりました。

同じゼミだったA氏が教えてくれたですよ。

















せんせいのあだ名でした。(なんて失礼な学生)


何で「イデア」なんてあだ名になったんだ・・・?っていうことに関しては、
A氏もおぼえていませんでした。
残念です。
少なくとも哲学とかの先生ではないので、かなりなぞです。





あだ名と言えば、私の学生時代のあだ名は「王子」でした。

「王子」ですよ。
プリンスですよ。


何でプリンセスぴかぴか(新しい)じゃなかったのか、自分でも不思議です。(帰れ)




何故こんなあだ名がついたかと言うと、
あだ名がついたその日の私は、



気持ち悪いです

・白のフリル付きシャツ

・金髪でパーマ(オスカルのように)

という風体だった上、



・下睫毛が長い

・女子にモテ

という特性が相まって、



「王子」

というあだ名が授けられたのだそうです。




もーホント失礼しちゃいますよね!
大体性別が違うし・・・
この間逮捕されたあの人を想起するんですけど!


ちなみにA氏もいまだに私のことを「王子〜」と呼びます。
そんなに敬いたいなら「ルブルー様」と呼べばいいのに。(違うから)


学生時代のあだ名って、本当に不思議ですよね。


















ちなみに「イデア藤井」のお名前は、
「藤井先生」ではありませんでした。
(不思議すぎ)
posted by ル ブルー at 16:58| Comment(6) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

さかな

レッツゴー3匹(古)


「ぶっちゃけ、あの女、俺狙いじゃね?」
「ハアアア〜?何言っちゃってんの、チョー自意識過剰〜
  目があった女は全部お前に気があると思ってるのかよ」
「いや、どっちかって言うと俺じゃね?さっきウインクされたマジで」
「ハアアア〜?まばたきしただけじゃんよぉ〜
  あのスケ(死語)は俺に惚れてるんですー目が合いまくりだし」
「魚の目と目が合うわけねーだろ、どこ見てるか分からない目しやがって」
「それはみんな一緒じゃねーか!」













っていうくらい3匹とも同じ方向を見ていた。
(魚の目は横についてますよ)



マンボウがやる気がない水族館を素通りしました。
posted by ル ブルー at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

感覚を取り戻せ!

年末年始、歌番組やお笑い番組がたくさん組まれていましたね。

毎年恒例の初詣には行けない年だったので、
バーゲンに連れ回された以外は寝正月だったわたくし、
なんとなくそれらを見ていました。



そんな折、何だか自分は時代に取り残されたような気がしてきました。
ていうか、もう感覚が若くないのかもしれません。
(既に若者感覚って10代なかばで失っているんですけどね)




まずね、モーニ○グ娘。の区別がつかないんですよ。


何であんなにいっぱいいるの?みたいな感じです。(お前それ年齢の問題じゃないから)






あとね、致命的なのが、

「おぎやはぎ」*の
どっちが小木でどっちが矢作だか
分からないんです。



(*・・・ダブルメガネーズ眼鏡眼鏡のお笑いコンビ)


前まで分かっているつもりだったんですけど・・・
お正月のお笑い芸人トーク番組で、
彼らの「彼女をとられた」という話になったとき、

「え、小木が矢作の彼女をとったの?矢作が小木の彼女をとったの??」

と一気に混乱してしまいまして・・・。
いやーもう2人ともめがねをかけているし、
コンビを組んでくると何となく似てくるじゃないですか。
訳分からなくなっちゃいました。


しかし、モー娘はゴマーッといるからまだ判別がつかなくても格好がつくけれど(?)、
おぎやはぎは「めがねをかけている」という共通点はあれど、たった2人ですよ。
これはまずい。






危機感を覚えた私は、
お笑い好きの千葉の民におぎやはぎの見分け方を聞いてみました。



「そりゃ簡単だよ!

 めがねが黄緑で四角い方が小木!

 めがねが黒縁ででっかいほうが矢作だ!





















【千葉民の認識】

小木さん 矢作さん










めがねチェンジしたらおしまいだね。




ちなみに「私は区別つくよ!」と豪語した姉にも同じ質問をしたら、

「B型の方が小木で、A型の方が矢作だよ」


と言われました。






(つっこむ気も失せた)






ちなみに公式ファンサイト「メゾン・ド・オギヤハギ」(カッコイイ!)で調べたところ、
背の高い方が小木さん、低い方が矢作さんでした。


最初からこう教えてくれればいいのに。
(あいつらも分かってないんじゃないだろうか)
posted by ル ブルー at 10:47| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

オッス、オラ日本人

どこで聞いたか、出典もさだかではないので、
話半分に聞いていただきたいのですが、

日本人って、右側の髪に癖がつきやすいんですって。



なんだろう、民族的な髪の毛の流れる方向の問題か、
偏西風だか気候の問題か、
根拠は何なのかよく覚えていないし見当もつかないんですが、
確かこう聞いたんですよね。


だから、
右側の髪の毛は跳ねやすい。
左側の髪の毛は、巻いても取れやすい。
とかなんとか。





その話を聞いたときに、私は違和感をおぼえました。






私ね、すっっっごい寝癖がつきやすい人なんですけど、
いつも左側につくんですよね。

やっぱりこれって、根拠のない話なのかなあ。









それか、


































私はやっぱりフランス人ってことですかね。(真顔)




小さい頃、

「実は私はフランス人で
 いつかフランスから本当の母親がむかえにくる」


とか思っていたタイプです。
(扁平な純日本人顔の分際で)
posted by ル ブルー at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

サンタさん 一文字変えれば サタンだよ(一句)

何か楽しみにしている方に水を差すようでしのびないのですが、
そして、これは私個人の勝手な意見として受け取って頂きたいのですが、


私はクリスマスが好きではないです。




・・・かなりソフトな表現をしましたが、
リアル友は多分こう言ったところで笑い転げていると思います。




むしろ敵視しています。
(笑)




「クリスマス」と言うと正確じゃないですね。
「クリスマスを巡る一連の商業主義的策略」と言うと正確かと思います。


あの浮かれようがどうにも馴染めないんですよ。

何か「とにかく金を使わせよう」とか
「クリスマスってハッピーだよネ☆」みたいな押しつけがましい街やテレビの空気?

正直ほっといてく(以下略)
お前ら8割がた仏教徒だr(以下略)



へそ曲がりなもので、すんません。

(私個人の勝手な感情なので、
 他人がどう過ごされようと個人のスタンスを責めているわけではありませんから、
 それっぽく見える表現があっても、怒らないで下さいね。
 不快になられたらすみません。)



私もこどもの頃は好きでした。素直だったので。
大人になってどんどん色んなものが曲がってきて、
こんな風になっちゃいました。





まあ、そんなワタクシですので、
クリスマスだからと言って、

「彼氏とシンガポール☆」 (←大学院の友人の去年の過ごし方)

とか

「夜景を見ながらフレンチ☆」

とか

「でずにーらんど☆」

とかやりませんよ。


クリスマスだから○○、っていうことは一切しません!
何せへそ曲がりですから!
絶対商業界がたくらむクリスマス戦略にはのせられませんよ。
(かわいそうなこいびと)







































でもクリスマスケーキは食べます。

(ハアアアアアアア?)





クリスマスケーキっていいですよね黒ハート
大好きです☆
今年はどれにしようか11月初旬から迷いに迷って、やっと決めました。
アハハハ取りに行くのがたーのしみー☆エヘッ!

(サンタさんサンタさん、この自己矛盾のカタマリをどうにかしてください)
posted by ル ブルー at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

虫と傲慢

浦安の民と知り合って間もない頃、
私はヤツのポリシーに驚いたことがあります。


何とアイツは、

「Gを殺さない」

んですよ・・・!

(*G・・・黒くて素早いあの、アレ、です)




わたくし、Gは大の苦手であります。
大半の乙女は苦手だとかたく信じております。
(そのカテゴリにお前は入っていない)


それなのに、浦安の民。
Gを殺さなきゃどうするんだよ!!とお思いでしょう。

なんと「逃がす」んだそうですよ。
すごいですよね、捕獲することすらいやですよ私は。


「何で!?害虫だよ!?」

と言ったら、

「害虫かどうかなんて、人間が勝手に決めているだけじゃない。
 ルブルーだって、『一寸の虫にも五分の魂』ってよく言ってるじゃん。
 アリとGと何が違うの?同じ虫でしょ?

 そういうの、傲慢って言うんじゃないの?」


って言われたんですよ・・・この偽善者!(ひど)



ああ、そうそう、私、アリとか他の昆虫は平気なのです。
公園とかで普通に這いのぼられても、
つぶさないでそっと植え込みに戻します。
大学で弓道の授業のとき、
バッタが道場に飛び込んできたけど、
普通につかんで外に戻してやりました。
一寸の虫にも五分の魂、って言うじゃないですか☆(お前が偽善者だ)

でもアリとGは違うよなあ????
Gはキモイし怖いし!



・・・・と思っていたんですけど。



確かに、浦安民の言葉は説得力がありました。

見た目がキモイから殺して良いのか
動きがキモイから殺して良いのか
(↑何かこれ、虫だけの話じゃなかったら確実に私当てはまるんですけど)
不潔だから殺して良いのか


すべての虫を殺すことが悪いことだなんて、
私にはとても断言できないけれど。

Gはやっぱり怖いし、嫌だなあと思うし。

でも、勝手に虫を区別して、
アリやバッタには情けをかけた気持ちになって。
一方でGは即・虐殺。
自分は心優しいと信じる。

そこには、驕りが確かにある。

偉そうなことを言っていて、私は傲慢でした。
(多分これからも、Gを見ても逃がさないとは思うが)浦安民の言うことはごもっとも。

浦安民は、ちょっと変なヤツかもしれないけれど、
良い奴だな、と思いました。


































と感動していたら、

浦安民は次の瞬間、
蚊を思いっきりパンッ!と惨殺していました。



「だって、刺されたらかゆくてムカつくんだもん」

だって!
アハハハハハハアハハ!




お前も傲慢じゃないか。
posted by ル ブルー at 16:05| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

やってみよう

シーサーさんを借りたときからやってみたかったこと。





続きを読む
posted by ル ブルー at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

伏せ字になってないよ

昨日、KOデパートで買い物したのですが。


会計のときに、
「明日から優待セールなんですけど、取り置き扱いにしましょうか?」
って店員さんがそっと教えてくれました。

なんて親切なんだろう!!!!

某デパートは翌日からポイント2倍セールだったのに、
教えてくれませんでしたよ・・・。


KOさんはいいデパートだ・・・
親切!
素敵!
大好き!

今回のことでKO株が急上昇です。グッド(上向き矢印)

















半年前にKOのエレベーターに挟まれたことは忘れてあげます。
(どんくさっ)
posted by ル ブルー at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。