2006年10月20日

腕時計を選ぶ基準は何ですか?

Q:あなたが腕時計を買うとき、こだわるポイントや選ぶ基準は?




えーと、そうですねー

まず、外見より何より、

(1)文字盤に1分1秒単位まで刻んである


これは絶対譲れないですね!

私が、時報で秒単位まで時間を合わせる癖があるせいと、
時間を「正確に」知りたいからです。
(とはいえ、別に私自身が時間に正確なわけではありません)
(最悪!)


デザインはアクセサリーみたいな可愛いやつも好きなんですが、
そういう可愛い華奢な時計って大抵1〜12の数字しか打ってなくて、
必然的に、選ぶのはゴツイ男性向けの文字盤の大きな時計になっちゃいますね。



それから

(2)フェイスが頑丈

かな!

私、色んな所に腕をぶつけるので、すぐヒビを入れちゃうんですよね〜。
(どれだけガサツなんだ)



あとは

(3)金属製(特にバンド部分)

とかですかねー。
昔持っていたのは革バンドばかりでしたが・・・。
特にこだわりはないんですが、革だと切れちゃうんですよね。
(どれだけ怪力なんだ)

「できたら」っていう条件です。


最後に

(4)文字盤は黒か青

かな。
これは割と譲れないかもしれないです。
ただの色の好みの問題ですが。















という私の回答を踏まえた上で次の事柄に直面してください。































「腕時計の選び方は恋人の選び方に似ているらしい☆」




と、いうことは、私は、


(1)1秒単位まで正確な

(2)顔面が頑丈で

(3)金属ボディの

(4)ガングロか顔面蒼白な



男性が好みということか!!!!





端的に言うと、ロボット



ロボットと言えばこういう形しか思いつかない発想力と科学最先端の知識に貧しい私


(どうでもいいけど4番目の、タイプ逆じゃないですか)
posted by ル ブルー at 15:30| Comment(8) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

妄想と忘却のはざま

夏休みに陶芸の旅に出かけたワタクシですが、

「2ヶ月ほどで焼き上がります」

とのことですので、
そろそろ届くんじゃないかと指折り数えて待っております。

「ほど」なので、あと2週間くらいは見るとしても、もうすぐなわけです。
楽しみです。



山奥の工房で一日中、汗だくになってろくろを回して土をこねくり回したことは、
自分の想像の中で相当美化されています。
もちろん出来上がりの作品もすごい作品を想像しているわけです。
このままだと脳内美化が国宝級までいっちゃうので早く届けて欲しいです。

(何か届いた瞬間割りたくなりそうだなあ)



形が出来たときに写メでも撮っておけばよかったのかもしれませんが、
手が土だらけだったし、
工房がそういうノリではなかったことと、
それから私が作るのが相当遅かったので先生にじっとり見張られていたため、
作品の姿は私の想像の中にしかありません。


早く届かないかなあ・・・!








































ていうか私が作ったの、

ツボだったっけ、コップだったっけ
posted by ル ブルー at 16:48| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

わたしはあなたをゆるします。

ちょっとアンダーな話題なので、
トイレ関係の話題はヤメテという方はスループリーズ。



続きを読む
posted by ル ブルー at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

法則性

高校のとき、数学の「数列」が好きでした。
(等差数列とか等比数列とか、簡単なやつですが・・・)

一見無秩序に見える数字の並びから、法則性を探す。
それが見つかったときの喜びと言ったら!
関数とかも好きでした。
何か法則性があるものが好きみたいです。


数学だけではなくて、私は何に対してもそういう傾向があります。
理解能力が乏しいので、
とにかくその「法則」をとっかかりにして、
全体を把握しようと思うみたいです。






突然ですが、今私が、
法則性を見つけようと躍起になっている事象があります。



































・映画「ハチミツとクローバー」の真山役(K瀬亮さん)・・・ 

・「おぎやはぎ」のO木さん             ・・・×
・「おぎやはぎ」のY作さん             ・・・

・「オリエンタルラジオ」のF森さん         ・・・×

・「アジカン」のボーカル(G藤さん)        ・・・

・銀縁眼鏡の40代教授(痩せ型)          ・・・

・大学同期のオシャレメガネボーイ          ・・・×







以上、
日本橋の民(メガネ男子好き)の好み分類なんですが、







好みメガネの法則性がわからねぇ




今一番のヒットはハチクロのK瀬さんだそうですが、
彼は仮性メガネ(*普段はメガネではない)ですよね。
生まれついてのメガネじゃなくて良いということなのでしょうか。
彼女は従来、天然ものメガネへの評価が特に高かったので、
ここには非常に混乱しました。

しかし、そこは、
K瀬さんは養殖(笑)だというハンデを補ってあまりあるナイスメガネ(役)ということだそうで。


大体、おぎやはぎの好みが分かれるってどういうこと。
彼らは同じメガネに分類される気がするんですが・・・
それは私が特別ファンじゃないからでしょうか・・・。


そしてオリラジだったらメガネのF森さんより、
あっちゃんwithメガネの方がいいそうです。
あっちゃん普段メガネじゃないし。


最後のほうが有名人じゃなくてローカルな話題で恐縮なんですが、
オシャレメガネ全否定派?と感じつつ、
でも真山役時のK瀬さんはオシャレメガネですよね。
(や、映画見てないから知らんが)








やっぱり学問でもない世の中の事象に法則性を探すなんて間違っているとは思うのですが、
それにしても解せない日本橋民のメガネ道楽。

もっと追求してエクセルで一覧表を作るのが、
私の目下興味のマトです。
(どれだけ暇なんだ)
posted by ル ブルー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

人を見た目で判断するな

例の海に新しいアトラクションが出来たそうで、
盛んにCMが流れておりますが。


わたくし、仕事の関係でよく国や海のチケットをいただきます。

それで、
今度一緒に行こうよ〜と友達に言われたので、
このチケットで行こうかと思うのですが、
友達はジェットコースターが大好き。

当然海のほうへ行って、この新アトラクションに乗りたいというのです。




私は、といえば、例のアトラクションに全然魅力を感じません。
というか、去年の夏に出来たスティッ○のジェットコースターにも興味がありません。

ジェットコースター類の何がいやかって、
自分が主導権を握れないところですよ。
好きなように振り回されて、まったく気分が悪いです。

私があの世界に求めるのは、非日常の「癒し」です。
振り回されることではありません。

ゆえにあの世界で、私はジェットコースターに乗ることは拒否します。
もうCMが流れるだけで不快。






































要するにジェットコースターが怖いので乗りたくありません。

散々ケチをつけてすみませんでした。
要するに怖いから乗りたくありません。


ポーカーフェイスだから顔に出さないけど
本当はジェットコースターが大の苦手です。


「あの世界のジェットコースターは全然怖くない」

とジェットコースターを好きな人は言いますが、
ふざけるなと言いたい。
私は並んでいるときから足がガクガクで脂汗かいてますよ。
付き合いだから一回は乗りますけどね、二回目は拒否します。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

「許せない」もの

自分が許せないと思う行動をする人を、
すぱっと切ってしまう冷酷さが私にはありました。

誰だって人それぞれ考えがあって、
自分の思うように動くわけがないのに、
今思えば、最高に勝手な話です。



私には、「許せない」ものが多かったのだと思います。


例えば、
二股かけてることを相談してきた男友達と、
すっぱり縁を切ってしまったり。

親のお金で留学しているのに、勉強しない知人を
やなヤツだなあと言ってしまったり。





今は、
心がふたつにわかれてしまう、そういう弱さもちょっとは分かるんですよ。

同性の友達ではなく、あえて異性の友達に相談した彼の勇気も、
大変なものだったんだろうなあと今なら慮れるのに。
当時は、「オイオイ女にそういう話をするか!?」とカッときてしまった。

今でも彼とは断絶状態なのですが(連絡先を携帯から消去してしまった)、
非常に大事な友達を失ってしまったような気がして後悔しています。

私と恋愛に対するスタンスは違うけれど、
気持ちは分かるよ、
相談してくれてありがとう、
って、どうして言えなかったんだろう。




あとね、後者は完全に私の嫉妬だったと思います。

私は、大学一年生の時、フランス留学をしてみたかった。
私の家は裕福ではないので、留学費用なんてとんでもなくて、
でも留学奨学金を貰えるほど語学は出来なかったんですよ。

だから紛う事なき嫉妬です。

私は大学に奨学金で通っていましたが、
別にソレが偉いわけじゃないんですよね。

親に払って貰う人は、それだけ親の期待とか、申し訳ないなという気持ちとか、
そういう重荷を背負うんですもんね、
私は今も学費を返金しているけど、
学生時代は親の意志には影響されない自由さがありましたよ。

私は、自分のことを棚に上げて、自分が上だとでも思っていたのでしょうか。


親の期待がプレッシャーだったのね、
と、
どうして思えなかったんだろう。





今思い返すと、
そういう風に「許せない」ものが多い自分は、生きていくのが苦しかったです。
そうやって人を切って、軽蔑して、
でも、何もいいことなんてなかった。






「年を取ると、許せないものが減っていくんだよ」

と、この間Jさんが仰っていたけど、
ほんとうだと思う。



実は、近年、ずっと心に重たいものがあったんですけど、
先月ひとつ年をとって、
もしかしたらどうでもよくなるかもしれないなと思いました。


まあ、あなたはあなたの思うとおりに生きたらいいよ。
私も思うようにするしさ。

それで仲良くできたら最高だから。
































というわけで
刺された痕がいまだに消えないんですけど
のことは許そうと思う。


仲良くしようぜ蚊、
だからうちに来るな。

(何この矛盾の塊)
posted by ル ブルー at 00:26| Comment(8) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

「レギンス」ってモモヒキのことだったんですね。



驚きです。
(モモヒキではないだろう)

posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ペックル

「かあさん、アレどこにしまったかな」

「はい、ここよ(ネクタイを渡す)」



「かあさん、アレちょうだい」

「はい(新聞を出す)」


みたいな、
サ○エさんの波平&フネさん夫婦のような意思疎通方法。
家族も長い間一緒に暮らしていると、
段々言葉がなくても意志が通じるようになりますよね。


私と姉が正にコレ。


26年間一緒に暮らしているので、
「アレ」どころか、
もうメチャクチャな言葉でも大体意志が通じてしまうんですよ。


■例■

「今度ペックル*に行きたくない?」

ペックルかー久しぶりだなー。じゃあ今度の土曜にしようか」

「いいよーじゃあ私、ペックル歌おうっと!」


*ペックル・・・適当で意味不明な言葉、代名詞の役割。
この場合、上から、「カラオケ」「カラオケ」「アーティスト名」を指す。






そんなツーカーな私たちを見て、
母はいつも気持ち悪そうな顔をします。

「ペックルって何よ!?」

と聞いてくることもありますが、フフ・・・と妖しい笑みを浮かべて返すだけです。
姉と私にもよく分からないんです。
「アレ」と言えばいいのに変な言葉を当てることで喜んでいます。

仲が良いとかいう問題じゃなく、
本当に頭のアレな姉妹でスミマセン。
(本当だよ)
















まあ二人で遊んでいる分には楽しいのですが、
この間ついつい友達と会話しているときにこの意味不明単語が出そうになってしまい、
死ぬかと思いました。

「この間、ペックルがさー・・・
 あっ、違う、何でもない」



ペックルって何よ!?と追求されても答えられません。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

2006年08月10日

ポジティブに足のサイズを考える

私は背が高くて足が大きいのがコンプレックスでございました。


背が高いということは、
服のサイズがなかろうが初対面の人にいきなり「でかっ」と言われようが、
フォローのしようがありますよね。

高い所の物を取るときにやっぱり重宝していますし、
そうなんですよ、
背が高いと「カッコイイ」という無難な形容詞を使うことができるのが利点です。
(私自身はかっこよさからはほど遠い小野イモ子ですが)





でも、
「カッコイイ」という形容詞は当てはまりそうもない、
足が大きいことって何か利点があるのか?

今日はそれを真面目に考えてみようと思います。


*寒い冗談をスルーできない精神状態のときはめくらないことを推奨

足の大きくない方をおとしめる意図はありません
posted by ル ブルー at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

身につける人次第

毎朝、腕に日焼け止めを塗るのを忘れる。

いけないいけない、
塗らなくちゃいかんと心がける

いざ塗ってみたら服をこすってしまい、黒い服だとえらい汚れる。

もーじゃ塗らなくていいよ!(逆ギレ)

手が黄黒くなる



という悪循環を数年繰り返しています。




この状況を打開すべく、紫外線防止手袋を買ってみました。



手袋と言っても、指先がないタイプなので(親指のみ)
こまかい手の動きは邪魔しません。
しかも、裏がメッシュで涼しげ☆


これなら、

日焼け止め塗り忘れたムキー!

も、

黒い服が汚れたキィィィー!

もありません。
(全部自分の責任な予感だが知らんぷりをする)

















































NINJA.JPG

でも何か忍者みたいになるんだよな・・・・・・・・・・・・・・




色が問題かなあ。

今日は白いのを買って帰ります。
白なら、高原のお嬢様風になるかも!
(付けている人間が人間だからならないよ)
posted by ル ブルー at 14:09| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

わたしのとくぎ

副職のヤマが終わった。
そして昨日人生のヤマが来て割と緊張した。

けれど、面白くないので、今日は三色パンの話をします。
(おっと話が飛び散った)


三色パンってご存知ですか。
三つ丸いパンがくっついていて、H2Oみたいな形をしているんですよ。
それでパンの「中身」が全部違います。
ゆえに「三色」パンと。


まずそうなのは気にしない方向で


あんことクリームとチョコレート、
あんことジャムとクリーム、
ジャムとクリームとチョコレート、
などなど、
中身には色々なパターンがあるんですけど、
私が高校生のときよくコンビニで買っていたのは「あんこ、クリーム&チョコレート」のやつでした。



私は「好きなものは最後に食べる派」なので、
この3つの味の中だったら、甲乙付けがたいのですがチョコパンを一番最後に食べたいと思っていました。

しかし、三色パンは見た目は全く同じ。
かじってみるまで中身は分からないわけです。
(それが醍醐味といえば醍醐味なのでしょうが・・・)


そこで私は、

三色パンの中身をにおいで当てる

という技を身につけました。

メーカーによって微妙に香料の強さも違うので慣れが必要ですが・・・。
特にクリームパンの香りが特徴的でした。
チョコも割と分かりやすいです。
あんこは消去法ですね。


全盛期は高三で、ほぼ百発百中でした。
かなりしつこく鼻を近づけるので、自分が食べるものしかできませんけど・・・

周りの友達にも一目置かれていました☆
(そんな技で一目置かれても)
















そんな若かりし頃のことを思い出して
今日は三色パンを買ってみたのですが、全然当たらなかったです。

こういう青春時代特有の感覚って、失われていくんですよねー。

もう履歴書に「特技:三色パンの中身を当てる」って書けないわ。

(書かなくて正解だから!)
posted by ル ブルー at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

動機がドキドキ(寒)

面接などで聞かれる「志望動機」がものすごく謎。



何かを志望する理由に、良い悪いがあるのか。
○○になりたいから○○になりたいんじゃないのー?


○○に対して、
何か胸の中に意味のわからん熱い塊があれば良いんじゃないかと思うのだけど、
結局綺麗に表現できた者勝ちなのが、ちょっと釈然としない今日この頃。

ていうか、その熱い塊を他人に分かりやすく伝えるのには、
言葉しかないし、
「それを伝えることも評価すべき能力」と言われれば、
それはそうなのですが・・・・うーん。



今、後輩たちがロースクールの面接等で苦労しているようで。

「志望動機がうまく言えなくて・・・」
なんて人が多いんです。

でも、私は、そういう気持ちをうまく表現できない、
それを自分でももどかしく思うちょっぴり不器用なその人たちが大好きです。


だって、言葉で表現をする=具体化するということで、
抽象的なものをなくしてしまうことなんですよね。
そのフワフワした抽象的なものって、実は大事なものだと思うし、一番最初の原動力だと思うから。


不器用な人は、そのフワフワを大事にしているんだから、すごく素敵です。
負けないで欲しい。






























とか上から目線で偉そうなことを言う私は、
面接等で涼しい顔で嘘をつくタイプです。(最悪)
大学院の面接と就職活動の面接では、将来の目標がグルグル変わってました。

フワフワしたものめった切り。

めった切っていた割には受かってないしな(小声)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

When I was young (2)

(1)から続いているどうしようもない思い出話。


〔いままでのあらすじ〕
怪談話の多い大学に入学してびびっていた19歳のとき、
文化祭前夜祭でよりにもよってサークルの出し物の準備で泊まり込み。

でも何とかこの試練を乗り越えられそうと思った丑三つ時、
異様な声が教室の前で響き渡ったのである。


(こう書くと、改めて大した内容じゃないことがよくわかります。)

お食事中の方、ご注意を
posted by ル ブルー at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

When I was young (1)

この間の恩師の結婚パーティーの写真を焼き増ししたら、
総数92枚になりました。

一枚一枚はチリみたいな現像代ですが、
積もると大層な額になりますのぉ・・・・・。バッド(下向き矢印)
(普通焼き増し代って請求しないしな)




現像した写真を見ていたら学生時代のことを思い出したので、
今日はそんな話。


社会人の今は、
もっと学生でいたかったなあと思うのですが、
当時の私は、
入学当初から早くこの大学を卒業したくてたまりませんでした。


過去の話が多くなるのは年を取った(以下略)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

ネガティブ連想ゲーム

何だか蒸し暑くなってきましたねえ。


わたくし、夏生まれのくせに、暑いのがとても苦手です。
汗かくとイライラするんですよ。
稼働率がかなりの勢いで下がります。
真夏はほとんど動かないし喋りません。
早く夏終わらないかな・・・と始まる前から呟いています。
(どこまでネガティブなんだか)




でも、まあ私がいくら嫌いだと言っても、
毎年夏は来るんですよね。

どうせなら、楽しく迎えたいものです。

だから、夏には夏の楽しみを見つけておくことが、
自分には大事なのかな、と思っています。



今年の夏は、ポジティブに楽しもう!





夏の楽しみといえば・・・








花火・・・は人混みが嫌いだから行かない

海・・・は私が入ると水が汚染されるから入れない

プール・・・はそもそも水着着たくない(周囲の人間の目が潰れる)

旅行・・・は年中行ってるけど夏は高くてむかつく

夏休み・・・はねーよそんなもの

スイカ・・・は特に好きではない

アイス・・・は年中食べているがお腹を壊しやすいのであまり食べないようにしている

浴衣・・・は綺麗に着られないので着ない

夏服・・・は汗で汚れて洗濯しすぎてボロボロになるから出し惜しみする















だめだこりゃ
(ちっともポジティブにならねー)


この夏の唯一の楽しみは、岡田君主演映画(「花よりも なほ」)かな・・・
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

神童

テレビでたまにやっている「神童」特集を見ると、
私のこどもの頃の痛い思い出を思い出します。


今でも頭が良い方とは言えないわたくし、
小さい頃も「神童」なんて言葉とは縁遠いこどもでした。



幼稚園の頃は、


左右の靴をよく履き間違えていました。


正直右と左があんまり分かっていませんでした。
ピンときたのは小学校三年くらいのときです(遅ーーーーー!)
東と西を理解したのもそのころです。


それから、
小学校高学年の頃、
日本地図の県名を埋めるテストを受けたときには、

沖縄と北海道しか合ってなかった

ことがあります。

自分の住んでいる県すら合っていないという体たらくでした。
正直友達はドン引きしてました。
いくらなんでも10個くらいは当たるだろうよ・・・と言われました。
青森と鹿児島(本州の北端・南端)くらい分かれよ!と姉につっこまれました。



そんな私ですが、
中学・高校と成長していく過程で、人並みの成績を取ることができました。
まあ中学校のときの塾がかなりスパルタだったというせいもあります。
ときどき模試テストとかで偏差値9を取っていたことは忘れてください。
とりあえず色々あったけど無事卒業できたんですよ。

今は細かい島以外の日本地図を大体埋められるし、
昨日テレビでやってた
「この国名は?ヒント:首都はワルシャワ」
というクイズにもちゃんと答えられました。
グローバル!


私は神童ではありませんでしたが、
10数年あれば、できないこともできるようになりました。
歩みは遅いかもしれませんが、人間変わるものですね・・・。
(ていうか変わらなくちゃ困るがな)























ちなみに左右の靴はいまだにときどき間違えます☆
すぐ気が付くけどネ!アハッ。
(そろそろ変わってください)
posted by ル ブルー at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

コンプレックス

自分のコンプレックスについて、
自己中にゴタゴタ言っている駄文です。
(自分語りマックス)

かなりUZAIので、あとで消すかもしれません。


心の余裕があるとき推奨・続きを読む
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

足裏マッサージに行ってきたよ

先日、
「お疲れのアナタにプレゼントだよ〜!」と知人が連れて行ってくれたのが、


足裏マッサージ(ふくらはぎ含む)

でした。


「お金払ってマッサージ行くくらいなら、自分でやったるわ」
というポリシーの私(要するに貧乏症)、
マッサージ自体が初体験でございます。


別に疲れているわけではないのですが、
普段歩き回ることが多いし、
何より私のこの野太い足を心遣ってくれたのが非常に嬉しかったです。

マッサージでほっそりしちゃったりして☆




ところが。

知人が連れて行ってくれた店の看板には、
「中国式」
の文字が・・・・



足裏マッサージってさ、
英国式がソフトで、
中国式がめっちゃ痛いんだよね


すべてにおいてテンパり気味な続きを読む
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

家に女と書いて嫁

・恋バナに異様なテンションの盛り上がりを見せる。

・合宿の時、
 「彼女がいるのに合コンに行くやつは最低だよ!」
 と力説した。

・「結婚したいなあ・・・」が口癖

・『結婚までにしておく50のこと』という本を熱心に読んでいた。

・「ルブルーさん(仮名)は、どういう結婚式がしたい?」
 とかすぐ聞いてきた。
 (「式とかしたくない」と言うと悲しそうな顔をした)

・何か、超熱心にブライダル関係のHPをブックマークに入れまくってた。
 (*研究室のパソコンに)

・「ねえ、相手の親とうまくやっていくコツってある?」
 って私に聞いてきた。未婚者に聞くな。










そんな我が恩師がついに今春ご結婚なさいました。

(冒頭のように乙女チックな行動ですが、紛う事なき40代男性です)



もう〜・・・本当に良かったね!
ヨカッタヨカッタ。
お世話になっていた6年間、この調子でしたからね・・・ああ良かった・・・。
もう気持ちは母の心境。
(すごい年上なのに)



奥さまも、おめでとうございます。
末永く仲良くして下さい。

できれば毎朝、しっかり起こしてあげて下さい。
学生にモーニングコールとかさせないで下さい。
あと寝癖がひどいです。
スケジュールの管理もお願いします。
休講の知らせはいち早く事務室に直接お願いします。
研究会は時間と場所を前日にしっかり確認をすると忘れにくいですよ。
ダブルブッキングがないよう、よくよく約束を調整して下さい。
論文の締め切りを教えてあげて下さい。
糖分の入ったジュースばかり飲まないよう注意して下さい。
外食が続くときは野菜をなるべく採るよう言って下さい。
月一でいいので洗車に行くよう促して下さい。
使ったものはそのとき片づけるように、
ものを横にして積まないように気をつけてあげて下さい。
(並べるなら縦のほうが、若干机が埋まりにくく片づけやすいですよ)


(↑全部私(学生)の仕事でした!)




これで私たちも安心して嫁にいけます☆
いきませんけど・・・。

ここ最近で一番嬉しい、心晴れ晴れなニュースでしたぴかぴか(新しい)
(お世話から解放されそうだから)



(言いたい放題ですが本当に心から祝福しています!
 パーティー企画するので待っててね先生黒ハート
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。