2009年04月01日

ライブハウスへムロックへようこそ!

昨日和英辞典で「特に」という単語を調べようとしたら、
(そんな単語調べてる時点で英語力がアレとかいうのはスルーしてくださいネ)
「とくに…」の並びに「毒にんじん」という項目があって目玉が飛び出ました。


既に毒にんじんの存在をご存知の方には無知だな〜という話で恐縮なのですが、
わたくし、「毒キノコ」というカテゴリは知っているものの、
「毒にんじん」というカテゴリがあるのは知りませんでした。
こうなると、「毒たまねぎ」とか「毒じゃがいも」とかもあるのでしょうか。

俄然興味を持った私は、「毒にんじん」の欄をじっくり読みました。



毒にんじん
〔植〕a hemlock



へぇー英語では「へムロック」って言うのか…
ヒムロックみたいだネ…(失礼)

これだけでは情報が少なすぎる。
今のところの私の脳内「毒人参」は、以下のような単純イメージどまりです。

葉っぱとか適当でスミマセン


たまらなくなった私は、
広辞苑をとりだして「毒にんじん」を引きました。


そこで分かったのは、
毒人参とは、人参ではなく、ハーブ(毒草)の一種だということです。
別名が「毒にんじん」であると。
「毒きのこ」とは用い方が違うワケね。へぇー!

しかもソクラテスが食べて死んだそうです。
ヨーロッパではメジャーな植物なのでしょうね。へぇー!


ちなみに見た目は何かほんとフツーでした。
ハーブっぽい!
以下は適当スケッチ
なのであまりご参考にされないようにお願いします…(シネーヨ)

イメージでとらえてください


いや〜思わぬところから一つ知識が増えました。
こういう知らない言葉との出会いも縁ですよね、おもしろい。
まだまだ知らないことってたくさんあるんだなあ。
そして広辞苑って便利だな〜。
















で、毒にんじんに夢中になるあまり、
「特に」という英単語を調べるのは忘れました。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ところてんは情熱を持つ

旅行に行ったり学生時代の友人たちと会合を開いたりしていたら、
2月がいつの間にかなくなりました。

ぼーっとしているとあっという間に時間が過ぎていて焦ります。

前はこんなとき、
イタイことに「時間ドロボウさん出ておいで〜プンプン!」と言っていましたが、
最近はむしろ自分こそ時間ドロボウであることに気が付きました。
まるで推理小説で、探偵自身が犯人だったような衝撃です。
叙述トリック!(違)


続きを読む
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

今月の標語:外に出て運動しよう!

テニスを始めました。


力強いストローク。
腕だけではなく、腰から回転をうまく伝えられるとすごく気持ちが良い。
まるで腕や肩や腰がラケットと一体化したみたい。全身で球を打ち返している気分がする。

また、打ち返すときの音が良い。

コートに入る前は「これを一人で全部カバーできるのか・・・」と心配になるほど広く見えたが、
プレイを始めてしまえばまるで俯瞰しているかのようにコート全体を見渡せる。


時々炸裂する必殺技だけが少し気になりますが・・・















まあ、もうオチがお分かりだと思いますが、
wiiの「マリオテニス」を買いました。

コントローラーをラケットに見立てて振るので、
立ってプレイすると結構な運動になります。

体全体で球を打ち返すフォームも、キャラクターがやっているものであって、
実際の私はへっぴり腰です。
あと、wiiコントローラーから球の音やマリオの声がするところなんて臨場感たっぷりです。
それから、ゲームなので俯瞰でコートが見えます。もう私のテリトリーですがな。


それで時々必殺技で炎に包まれた剛速球などが出るのですが、
これはちょっと必要ないかなあと思います。
だって最初から打ち返せない(しにくい)球って、打つのも打たれるのもつまらないじゃないですか。
純粋な技術で勝負したいっていうか〜。
ゲームとはいえ、内容は出来ればリアルテニスがいいなと思いました。




で、ここまで書いて気が着いたのですが、
そんなに必殺技が不満なら「マリオテニス」じゃなくて普通のテニスゲームを買えば良かったのに
と思いました。

もういい加減、「マリオ」がついているだけで脊髄反射でゲームを買うのをやめたいです。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

いまだ成長中でゴメンナサイ☆

先日バーゲンで購入したカーディガンのボタンが、期せずしてプチッと取れてしまいました。
実は買ったときからちょっとピッタリめだなあと思っていたのですが。


やだぁ〜まだ胸が成長してるみたい☆


とか言ってみたいんですが、
とれたボタンの位置はです。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

構造的欠陥が見える気がするが気のせいです

松の内がぶっちぎりで過ぎていますが、あけました(過去形)


大掃除をギリギリまでやっていたり、
ちょっとした旅行に出かけたり、
「来年は絶対買う」と言っていたおせちはその値段の高さにビックリして結局今年も手作りだったり、
おめでたいことも心配なことも哀しいこともあったり。
そこで自分の相変わらずの未熟さにちょっぴり考えさせられたりと色々ありました。

まあ結論を言うと、今年はもうちっとオトナにならないといけないと思います(今更!)
難しい局面に際したとき、身内を持ち上げて何ですけれど、
姉はやっぱり「姉」なんだなあと思いました。
あの人シッカリしてるよ。
私ももっと年齢だけじゃなくおとなにならないと、と。





ところで今年の初夢についてなんですけど、
姉とバーゲンに行く夢を見ました。
ちょうど姉とバーゲンに行く約束をしていたので私は大興奮、
姉に

「そういえば私の初夢、ねーちゃんとバーゲン行く夢だったんだよ、
 正夢じゃない?予知じゃない?すごくない?」

と言ったら、

「それは予定を夢に見たのであって、正夢とは言わないよ」

と言われてしまいました。



そういえば「結婚したらこどもがすぐ欲しい」と言っていた友人が最近めでたく懐妊したのですが、
実は、昨年その話を聞いてすぐに友達が妊娠する夢を見たんですよね。
勝手に夢見るなんてキモイかなと思ったので黙っていたのですが・・・まさか現実になるとは。
これって正以下略!!!と思って大興奮してたんですが、
この話も姉にしたら、

「こどもが欲しいと言っていた人が近々妊娠する確率って普通に考えたら高いだろ・・・
 それも予定を以下略」

と言われてしまいました。





まあ確かに初夢もおめでたい夢も理屈的に言えば姉の言う通りなんですが、
ねーちゃんは夢が無いと思います(`ε´)=3 プンプン
私は、今年はオトナにはなりたいけど、夢は失いたくないです!(`ε´)=3 プンプン
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ていうか平日なんで

12211.jpg


はいはい、メリークリスマスですよ(投げやり)
冷蔵庫を掃除したら賞味期限が2007年の肉まんが見つかったよ。
フフ・・・過去の私からのクリスマスプレゼントかな。
ものすごくいらないんですけど。


へそまがりかつクリスマスのとんちき騒ぎが苦手な私ですが、
今年は割と素直に家のなかを飾ってみました。
何かね、祝ってみるのもいいかなと。
玄関にはクリスマスリースにオーナメント。
リビングには小さなツリーとサンタさんの人形。
何となく季節感があっていい感じでした。

英会話の先生の「クリスマスの準備は終わったかい?」という高テンション質問にも、
「ああ、アメリカ人だもんね本場だもんね」と半笑いできる余裕が生まれてきたり、
イルミネーションびっかびかの個人宅が目に入って「まあ防犯上頼もしいわ」と微笑んでみたり、
みんな幸せなクリスマスを過ごせますように、そんな風に思ったり。
ついでにまたクリスマスツリーとかイルミネーションとか見に行っちゃったり。
何だか今年の私はオトナになったかもー。(この年で!?)





今晩のあらびき団の90分スペシャルが超ー楽しみ。
あ、夕飯はホイコーローです。
だってクリスマスとか日本人だから関係ないし。
早くしめ縄飾りを飾りたいなあ。
(   ど   こ   が   オ   ト   ナ   )


追記:あらびき団SP、すんません最初3時間と勘違いしてました。90分でしたね(^^;)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

パティシエ気分(気分だけ)

何かが降臨して週末はお菓子を作りました。

お菓子作りとか超久しぶりです。
高校生ぶりくらいかもしれません。
だってお菓子って、買った方がうまくね?
(お前が作る場合はな)


ラングドシャを作ってみました。
ラングドシャってさくさくしてて好きなんですよね〜。
でも難しそうだなあと思っていたら、
なんと小麦粉、砂糖、卵白で出来てしまうんです。
丁度先日電動ミキサーを買ったので、混ぜる作業も楽ちん☆

お菓子作りっていいものですねぇ。
なんていうか石けん作りみたいに、作る過程に癒されるわ。
さらさらの粉砂糖、
ふわふわホイップ、
甘い香り、
クリーム色の生地☆
(キモッ)

さっそくおいしそうに焼き上がったラングドシャを
3時のおやつに食べてみました。
















もう一度言いますが、材料は小麦粉、卵白、砂糖のみなのに、
何故かモチモチしていました。
何この食感。

ついでに絞り器で苦労しながらキノコの形のを作ったのに、
焼いたら思いっきり形が広がって崩れていて、ただの丸になっていました。
何この二重の屈辱。
味かネタかどっちかは欲しいんですけど。


モチモチしているだけですごくマズイわけではないので、
会社に持ってきておやつ代わりにもしゃもしゃ食べています。
家族には拒否られました。

糖分が入っていればごちそう!
糖分が入っていればごちそう!
(呪文)


お菓子って買った方がおいしいよね。
posted by ル ブルー at 23:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

どうやっても美化しきれない過去の自分

私は、学生時代のノートや教科書をいまだに取っておいています。
これが結構な分量になって狭い我が家を圧迫していまして。

「捨てられない自分」にサヨナラしたい!

引越2年にして物に溢れる部屋を見てそう思います。
もうね、使わないんだし、心を鬼にして捨てないとね!!


そう意気込んで整理を始めたものの、
ノート類を眺めているとわーっと思い出される当時のこと。


この科目は面白くて、一生懸命ノート取ってたな・・・
これは眠そうだな、字が寝てるよ・・・
この教授はみんなの間で「サスペンダー」って呼ばれてたな・・・(いつもサスペンダーをしていたから)
当時はこのあたり、意味が分からなくて苦しんだな・・・


多分、一生のうち一番目を輝かせて勉強していたのが、
大学時代だと思います。
それにしたって人と比べたら全然ダメなんですが、怠け者な自分比で。

今はもう、「勉強なんてしたくない」。
そればっかり。
同じ事を続けているのに、いつから色あせてしまったのでしょう。


ああ・・・やっぱり捨てられないよ・・・
この頃の瞳がキラキラしてた自分の思い出・・・





















そんなキラキラした瞳時代、
私の一生懸命勉強した思い出(ノート)の一部をお見せします☆


色々な意味で汚くてスミマセン




ど  う  み  て  も  勉  強  頑  張  っ  て  な  い



気持ちよく破り捨てました。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

人は自分自身のことだけはどうしても達観することができない

めっきり乾燥する季節になりましたね。
先週から喉が痛くて、
声がM輪明宏さんみたいな感じになってます。
(いいじゃないか)

もうすぐ治りそうな気配がするので、
限定オー●の泉ということで、
何か深くていい感じのことを言いたいなあと思っています。


というわけで、
テレビを見ながら
政治についてちょっと達観したことを言って悦に入っていたら、
携帯の液晶画面が割れました。







機種変シテ一ヶ月シカ経ッテナイヨ(゚Д゚)






何か・・・こう・・・

「物っていうのはね、必ず壊れるものなの。
 物自体に執着してはダメ」


と美輪さんの声で言ってみたんですけど・・・ですけど・・・




私の携帯、総額5万2千円になりました。(*修理代込み)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

心をなくしたアルルカン的な私

今日は獅子座流星群の日ですね。



私は、学生時代天文サークルに所属していた時期があります。
休みのたびに山奥に行って、
寝袋に入って一晩中星を見たりしていました。


20歳の時、初めて肉眼で天の川を見ました。
ミルクのような、たゆたうような白い光の帯。
テレビや写真の中だけの光景だと思っていたので、
目の前にしたときは本当に驚きました。

「星」と言っても生まれてこの方、
貧相なネオンのような光しか見たことがなかったので、
星の光がチカチカ瞬いているのにも感動。
誰が電源入れたり切ったりしてるんだ!!と大興奮でした。
(頭わっるー)

あの時は、隣に寝ころんだ友人と寒さに震えながら、
東の空が白んでくるまで飽きもせずに空を見上げていました。


流星群も見に行ったなあ。
それまで、流れ星なんて目の錯覚っぽいのしか見たことがありませんでした。
目が悪いのでたまに電柱が幽霊に見えたり、
お月様は三つに分裂して見えたりしていましたが、
そんな私の目にもあまりの輝き、力強い流線をもってして映るそれに、

「ああ、これは本当に流れ星なんだ!」

と暑苦しく感嘆しました。




サークルを辞めてからは、すっかり星空を見る機会がなくなりました。
今では何もしていないと不安になって、
ただ空を見上げて寝っ転がっているだけなんて出来そうもありません。
何かを見て感動に打ち震えることも少なくなりました。

イタイ言動もたくさんした学生時代でしたが、
何だか、あのころ持っていた大切な物を失ったような気がします。


また、星を見る時間がほしいなぁ。


最近とみに思います。


今日は、私の住んでいるところはあいにく曇り空なので、
空の向こうの獅子座流星群を思いながら、
ベッドに寝ころんで天井を見上げてみました。

少しでも、あの感情を取り戻せたら・・・と。













思ったんですが、天井がちょっと剥がれてるのに気がつきました。
(´∀`)イラッ
posted by ル ブルー at 23:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ポルトガル人の謎

通勤時、買い物時、たまに外国の方を見かけます。

前に住んでいたところではあまり見かけなかったんですが、
この街にはどうやらある程度外国の方が住んでいる様子。
専用マンションでもあるのかな?
お店なんかで見かけたときはすごく日本語上手だったりしてびっくり。

ここって外国の方にとって住みやすいのかなあ、と
また新たな発見がありました。





ところで最近、帰り道で不思議な外国人とすれ違うんですよ。
私は密かにポルトガル人じゃないかと思ってるんですけど。
(すんません、欧米人の区別がつきません)


彼のあまりに不思議な佇まいに、
初めて見かけたときは目が奪われて絶句してしまいました。


言葉だけではインパクトを伝えられないので、
絵にかいてみました。





私の絵だと外国人に見えねえな


顔が異様に濃いのはいい。外国人だから。
ただ、以下の点に激しくツッコミたい。


・まんがのような見事なヒゲ
・シルクハットみたいな不思議な帽子
・初夏でもロングコート(?)みたいなのを着ている
・その中から若干フリルシャツが見える
・両腕にこども連れ(彼らの服装は普通)



こどもたちがこう、
彼の両手にぶらさがって左右に広がったりして、
扇のようになって住宅街の狭い小径を行進してくるんですわ。
もう何の組体操かと。


この謎のポルトガル人(断定かよ)、
春に初めて出会い、
その後も月1か2回の頻度で出会っていたのですが、
彼の服装と帽子だけは相変わらず、
こどもたちの服装だけが季節感を伝えてきます。

いくらたまに外国人を見かける界隈だとは言っても、
これは浮きます。
そこだけ異世界のようです。



あんまりにもびっくりしたので夫に話したのですが、
最初は信じて貰えませんでした。
「またまたー!担ごうとしてるでしょ」って。

まあ私は笑わせようと思って大げさな話し方をするし、
時々完璧脳内妄想の話とかをするので(脳の損傷が酷いな)
狼少年よろしく信じて貰えないのでしょうけど・・・
ほんとなんだよ!!
さすがに証明するために人様を勝手に写メ撮るとか出来ないですからね。
他人同士が家族になる難しさを感じたりました。
(問題が大きくなってきた!)




で、秋も深まってきた昨今、夫が「ごめん」と謝ってきました。
「オレもポルトガル人を見たよ・・・」って。


なんでも、彼曰く、自転車に乗ろうとしたら、
シルクハット的な物をかぶった黒ずくめのアゴ割れ外国人が、

「その自転車カッコイイね!」

とウィンクしながら言ってきたそうです。

〔想像図〕
ちなみに夫の自転車はごく普通の自転車屋で購入した物です



同じ人かどうか分からないけど・・・って言ってたけど、
シルクハットかぶった外国人が家のまわりに2人もいたら嫌です。


本当にポルトガル人かどうかは置いておいて、
季節平日土日問わずシルクハット&黒コートの出で立ちって、
一体何をしている人なんでしょうか。
て、手品師とか?
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ジャンプが200冊以上は買える

ブレた写真ですみません

携帯電話の電池パックが膨れたのが去年の11月。
(そのときの記事→
電池パックを交換してもらったものの、フタが歪曲してしまったまま戻らなくなりました。



何が困るって、フタが取れやすくなってしまったのです。




先日、ついにIトーYoカドーでフタをなくしてしまいました。アガガガガガ(゚Д゚#)


電池パックのフタなしで使い続けるには水が入りやすくキケンです。
ド○モショップで尋ねたら、フタのみの交換はできないとか。
(追記:機種変したあとにフタだけ別売りしてることを知りました・・・orz
 あのときの係の人は何だったんだよォ)


3年使い続けた携帯にはかなり愛着があるのですが、
もう本体もボロボロなことだし、機種変することにしました。



今サランラップで巻いて使っています(貧)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

リフレッシュ休暇(と言い張るよ)

9月のお楽しみ企画第三弾はナンジャタウンです。
遊園地づいてますネ!





この先恐怖画像(?)があるので明るいときにドウゾ。


続きを読む
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(4) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

リフレッシュ休暇

魔界のような曇り空

9月のお楽しみ企画第二弾はでぃずにー海。
先日お休みをいただいて行ってきました。


実に3,4年ぶりで、いやあもう気力も体もついていかなくてびっくりしました。
何が疲れたかって、
並ぶことではなく(空いていたので待ち時間はほぼ無かったです)、
「アトラクションそれ自体」に疲れました。
(なんというテンションの低さ)

もう揺れたり落ちたりについてけないんですよ、精神が・・・


私のでずにーへ行く楽しみは、
心底楽しそうに目を輝かせる人たちの姿を見ることです。
行き交う人たちが本当に楽しそうなんだよねえ。
渋谷の街でぶつかったら絶対「サーセン」すら言いそうにない兄ちゃん(偏見)が、
ちゃんと目を見て「すみません」って謝ってくれたり、ポイ捨てする人が皆無だったり。
あそこではみんな善人になってしまうと思います。
それが「魔法の国」と言われる所以なのかなァ。
とにかくそんな空気を味わうのが好き。

ていうかいい人ぶってみたけど要するに絶叫系アトラクションが嫌いです。


そんな魔法の国で一人で死んだ魚の目みたいな目していた私。
私だってそれなりに楽しかったんですけど・・・
何かもうこんな人間と一緒に行った人が一番かわいそうだなあと思います。
誘ったこと後悔してるんじゃないかと実際テンションの低さについて謝ったのですが、

「いやーでずにーはカップルが多いじゃない?
 バカップルがいると密かにイライラするんだけど、その点ルブルーと一緒だと心強くてねぇ。
 また一緒に行こうね!」


という快いお言葉を賜りました。



「心強い」ってどういう意味なんだろう

(マイナスのオーラで圧倒できるってことですか)
(用心棒的なアレ?)


まあ確かに20代前半の頃は駅のホームでアメを口移ししてるカップルとか見て
読んでいた「あばれ狼」を噴いていたりした私ですが、
もう前ほどその手のカップル見ても何とも思わなくなりました。

こんなことをネットでは書いてる人間がリアルでは人前でイチャイチャしてたら笑えるなあ



精神が(も)ものすごい勢いで老いていることを実感した休日でした。
なんかでずにーで撮った写真見たらすごい頬がたるんでた。
今日からコラーゲン飲みます。
(あれ・・・何この全然リフレッシュされない休日)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

むしむし

0609.jpg

お久しぶりです。
ログインパスワードをすっかり忘れていました。

毎日蒸し蒸ししとりますね!
暑さが苦手な私は息も絶え絶えです。
それなのに来月には更に蒸しっとした場所に行く予定です。
今からうへぇーってなってます。


そうそう、「蒸し蒸し」といえば・・・


それは、6月の雨の降らない日のことでした。


気が付いたら部屋の中にテントウムシ(仮)がいました。
ぴとっと壁にくっついていて、動く気配がありません。
窓も開けてないのに、どこから入ったのかしらウフフ、と外に逃がしました。

そしたら、次の日またいたんですよ。
今度は壁ではなく、コスメボックスの付近に。
あれ?うまく逃がせてなかったんかな?と思って
しっかりベランダに出て外に放って飛んでいくのを見たんですけど、
その翌日また略

なんで私の周りにテントウムシが集まってくるのーーー(゚Д゚;)

これはもうアレか、
私は「テントウムシのスタンド使い」ということか!!
(ジョジョを知らない方スミマセン)



で、7月になったらコガネムシにつきまとわれています。
日曜日も見たし昨日も自転車の近くにいた。
もう「虫のスタンド使い」でいいか・・・
スタンド名「虫キング」。




この話のキモは、「蒸し蒸し」と「虫」を掛けているという点です。
(さっっむーーーーーーーーーーーーーーーー)


続きを読む
posted by ル ブルー at 17:53| Comment(14) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

近況

sakura3.jpg


私は元気です。


続きを読む
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(4) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

人間的におかしい

前々からあの女について疑問に思っていたことがあるんですが、
私の疑問は今日、確信に変わりました。

やっぱり人間的におかしいと思うの。
もう許せない。



何の話かというと
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

紳士っぽく「メルシィボクゥ」と返事をしました

結構前の話なんですけどぉ〜電車で隣に立っていた男の人に、

「あんた綺麗だね〜」

って言われちゃいました黒ハート
























正確に言うと


電車で(ワンカップ●関を手に持ち、目の焦点が合わない程泥酔状態の)隣に立っていた(60過ぎの)男の人


にですけどね。

アンタ、目の焦点合ってないよ。
アタイのこと見えてないでしょ。






どうだうらやましくないだろう
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

腰という字はにくづきと要で出来ている

週末、突然腰がピキッ!と来て、
しばらく不審な歩き方しかできない日々が続きました。

父も母も腰が強くないので遺伝的なものなのかもしれませんが、
今まで腰って気にしたことがないパーツだったので、
突然ガタが来て驚きました。

同じ事を防ぐためにも、原因を検討してみようと思います。
原因になりうると思われる行動を時系列に並べると、




(1)前日、最近お気に入りのバーに入り浸り

 まず常連さんカポーと仲良くなり、お勧めのバー情報などを伺ったり有益な時間を過ごす
 そのあと鬼太郎みたいな常連のオッサンの中国論を何となく聞く
 入れ替わり立ち替わり人がやってくるのを見ていておもしろかった
 気がついたら5時間座りっぱなしだった


(2)鳥居みゆき

 「鳥居みゆき」さん(女性のお笑いピン芸人)に似ていると言われ、
 不本意ながら「ヒットエンドラーン!」と激しいダンスを披露、
 思いの外ウケたので延々と踊っていた

 すみませんが似ているのは顔ですか暗さですか突然爆発するテンションですか


(3)コサック部隊に思いを馳せる

 日露戦争の「コサック部隊」の話を聞いて、唐突にコサックダンスを踊っ(てみようとして失敗し)た
 お尻を浮かし続けるのって難しい

 で、結局話を最後まで聞けなかったのだが、
 コサック部隊はコサックダンスを踊りながら戦っていたわけじゃないよな

(4)醤油をとろうとして屈んだ

 この際に腰痛が発動。





1〜4のどれが原因かしら。
複合的な結果のようにも思います。
不自然な歩き方で辛うじて出勤しつつ、腰って本当に「要」なんだなあとつくづく思いました。
もう体力も落ちてきているし、無理せず自分の振る舞いを見直さないといけないですね。

(1〜3の行動はとても20代後半女性の振る舞いと思えず、むしろ別の意味で振る舞いを見直した方が良いという件について)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

最後の授業

いつものように仕事のあとに英語教室に行きました。

ちょっとだけ仕事を片づけるのが遅くなり、到着するのがギリギリになってしまいました。
私の仕事は大部分個人の裁量で調整可能なので、「仕事で遅くなって」は言い訳に使えません。
ああーーもうだらしないなあ!と自己嫌悪しながら走って教室に入ると、
先生が何やら元気がない様子で待っていました。


私の先生は主に幼稚園児を担当している方で、
わざわざ英語が出来ない私のために教室の方が選んで下さいまして(棒読み)。
実際とても優しく根気強く、しかもイケメンでマジシャンのセロに似ています。
私が同じ表現や発音で詰まりまくっても、何度も何度も分かるまで教えてくれました。
私だったらこんな壊れたテープレコーダーみたいな人間にものを教えるのは嫌なんだが、本当に優しい。


そんなセロ(仮)先生が、何やらションボリした表情をしているのです。


挨拶して、私が

「元気ないね?」

と聞くと、セロ(仮)先生は

「実は、今日で僕の授業は最後なんだ」

と言いました。

「えっ!」


寝耳に水、ルー語で言うとスリーピングイヤーにウォーターです。(英語で言えよ)



セロ:「急だけど、転職することになってね」

私 :「そうですか、さみしいです。ちなみに次のお仕事は何を?」

セロ:「うん、ファイター













さて、私は英語の文章を読んだり会話をするとき、
発音が悪いという以外にも注意されることがあります。

それは、「抑揚がない」「感情表現に乏しい」ということ。

多分日本語で喋っているときは演劇部時代の癖でウザイくらい↑↓があると思うのですが、
英語では緊張して平坦になります。
「Great!」という言葉を言っても、超棒読みで全然グレートじゃない感じです。
疑問文の「?」も、上げて読めません・・・何か恥ずかしくて。
あと、表情はガッチガチにかたまって、まるで動きません。



しかし、この時ばかりは、素でオーバーリアクションになりました。



(゚Д゚) ←こんな顔で「Really!?(↑)」




なにゆえ英語講師からファイター。寝耳に土石流です。
セロ(仮)先生はそんなにムッキムキに見えないのですが・・・
細身だけど実は筋肉質なのでしょうか。

ていうか私の耳が悪すぎてファイターと聞き間違えただけで、何か似た発音の違う職業なのか。
ハイターとか?(漂白剤かよ)
ううう、思いつかない。
ていうか「ファイター?」「イエス、ファイター」「ファ、ファイター?」という確認を繰り返したので、
多分単語自体は「fighter」で間違いないんだよね・・・
じゃあアレですか、「僕は人生と戦うファイター」みたいな詩的な意味ですか?



そのあたり突っ込んで聞ければよかったのですが、私にそんな会話能力はありません。
今日もファイターについてモヤモヤしています。
いつかセロ(仮)先生がK−1とかに出てきたらどうしよう。



セロ(仮)先生、ありがとう。
私はあなたの最後の授業で、抑揚のある話し方を会得できました。
(翌週から元に戻る可能性が高い件について)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。