2010年08月03日

台湾に行ってきた話を今更ダイジェスト

孔子廟

ゴールデンウィークに台湾に行ってきたときの写真が出てきました。
ブログ記事を書こうにも、旅の内容を忘れてしまったので(何この鶏頭)、
目に付いた写真とダイジェストをちょこっと載せておきます。






台湾は香港に似てるのかなと思っていましたが、
やはり少し違いますね。

歴史的なことから、老人は日本語を話せる、比較的親日、ということで
台湾は観光しやすいとも聞いていましたが、
日本語教育を受けた世代の方は現在大分高齢化していらっしゃるし、
都心部にはあまり住んでおられないそうです。
私が出会ったのは、乾燥フルーツの市場にいたおじいさんくらいでしょうか。
こちらが英語で話しかけたら、
「おいしいやつ、俺が選んであげるよ」
と日本語で言われ、とても流暢で驚きました。


あと、英語があまり通じなかったのがちょっとつらかったです。
英語っていうか私の使う英語
いや、香港だと大分通じるんですよ、
だからアジア圏では通じるのかと思っていました。
とんだ勘違いでした。
私の英語がクイーンズイングリッシュだからかしら…と思うことにしておきました。
(ハア?)


台湾といえばお茶。

お茶

わたくし、中国茶大好きです。なので道中ウッハウハでした。
専門店でもゆったり飲みましたし、
茶葉もたくさん買いましたよー



あと、衛兵さんの交代式みたいなのも偶然見学できました。

国父記念館や忠烈祠などには、
こういう風に↓両脇にピクリとも動かず構えている兵隊さんがいるのですが、

忠烈祠

交代時間になると、ちょっとした儀式めいた動きがあります。
交代の兵隊さんが行進してきて、中央で銃を巧みに操ります。

国父記念館交代式

動いていないときも「すげーな、蚊とかきたらどうすんだよ」と思いましたが、
動いてもすごかったです。
ぴたりとそろった手足、きちっとした姿勢、
どんだけ訓練したんでしょうね…

うわさによると、この衛兵になるには身長と顔が良くないとだめらしいです。



今回台湾に行った目的は、夫の友達に会いに行くことでした。

台湾のお友達、ブラウンさん(仮名)と夫は、
学生のとき留学先で知り合い、
ピザ屋相手に喧嘩をしたり、耐久映画館ハシゴをしたり、
同級生の双子と喧嘩するときはいつもタッグを組んだりと、
かなり親しくしていたそうで(半分喧嘩じゃねーか)、
話ではよく聞いていました。
結婚式には都合で来られなかったので、私は初対面です。
「ぜひ奥さんも一緒に」と言ってくださったそうなので、
今回私も同伴しました。


ブラウンさん(仮名)は、とてもいい人でした。
どんだけ喧嘩早いのだろう…と思っていたのですが、
育ちが良いんだろうなということが伺える、品のある男性。
私にも大変気を使ってくださり、
何回か、「○○(夫)のワイフは英語大丈夫?」と聞いていたのが印象的です。
一度聞いたらもういいだろ!!!!!!

(夫の返事がだんだん、イエスからメイビーに、そして沈黙になりました)


西子湾

色々連れて行ってくれたのですが、
この西子湾が本当に綺麗でよく印象に残っています。

「写真を撮ろう!」と盛り上がる夫、とても楽しそう。
そうですよね、久しぶりの再会ですもんね。

決して長くは無い留学期間。
国籍の違い。
留学終了後の長いブランク。
それでも友達でいられる。

素敵なことですね。何だかうらやましいです。



「じゃあシャッターよろしく!」

と当然のごとく私にカメラを渡してきたブラウンさん。
3人で撮るんじゃねーのかよ。

そうですよね、久しぶりの再会ですもんね。(棒読み)




別れのとき、長時間駅で無言で抱き合う2人を見て、
私、かなりの邪魔者だったなと思いました。
次からは空気読みます。



■おまけ■

はと

鳩の水浴び。

どこの国で見ても鳩って同じだなあ(当たり前)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | スナフキン病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。