2010年03月21日

がら空きだぜ

夕刊をとりに行こうと玄関を出たら、
玄関前に男性のものと見られるサイズの大きな足跡(泥)がついていました。


昨日までは無かったもの。
いや、たぶん朝も無かったはず。

その足跡の主は、どうやら庭から回ってきたようで、
玄関の前で立ち止まっていました。
前日、軽く雨が降ったので、庭の土がついて足跡が残ったのでしょう。

シンプルなスニーカーの足跡なのに、
目に入ったときの衝撃といったらありません。
(夫は普段革靴なので、スニーカーの足跡は彼のではないことは確か)
一応(小さいながらも)門はあるので、
庭〜玄関はこちらから迎え入れない限りは勝手には入れない場所です。
誰がここまで入ってきたんだろう…と恐怖がこみあげてきました。


庭にはまだ何もないし、玄関まわりで無くなっているものもないようです。
(まあ大したものは置いてない)
とりあえず玄関まで来てあきらめてくれたのでしょうか…
何事もなくてよかったけれど、
もっとセンサーライトとかセキュリティとか考えないといけないかも。
恐怖もそうですが、なんとも言えない不快感もあります。
いやな世の中だなあ…













などと思いつつ、
今思い出したんですが、私、昼間庭に出ました。
晴れたから植物を植えようと思って。

そもそも玄関で折り返してないで消えてるし、
この足跡、私のじゃね?

(足のサイズ25センチ&メンズスニーカー愛用)











自分の足跡を見て「男性のものと見られる」ととっさに思うのがむなしかったんですが、
それよりもむなしいのは昼間の自分の行動を夜にはすっかり忘れていたことです。
あと、うろうろ歩きすぎだよ…一直線に歩けよ…
不審だよ私の歩いた跡……


でも、普段ぼーっとしてる自分にはほんと気を引き締めるいい機会なので、
戸締りとかセキュリティには気をつけようと思います。
自分(の足デカ)に教えられちゃったな☆テヘ!


どうでもいいんですけど、最近ピアノを始めたんですが、楽譜が読めなくなっていました。
14年のブランクあなおそろしや。(最初からブランクだった予感!)
posted by ル ブルー at 00:34| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。