2006年02月21日

花嫁のはにかみ石けん

日曜日、確定申告が思ったより早く終わったので、
前田京子さん「石けんのレシピ絵本」(飛鳥社)を参考に、
〔花嫁のはにかみ〕という石けんに挑戦しました。



別に誰が結婚するわけでもないのですが、
このレシピのエッセンシャルオイルの組み合わせと、
ピンクの淡い色が素敵だったので、
初心者なのに、作ってみたいなあ〜と思いまして・・・


エッセンシャルオイルの組み合わせは、

 ・フランジュパニ
 ・ネロリ
 ・オレンジ
 ・ラベンダー


ネロリ(オレンジフラワー)の花言葉は「花嫁の喜び」。
オレンジのフレッシュな香りといい、
まさに花嫁の名にふさわしい組み合わせだな〜と思いました。

フランジュパニは別名プルメリアで、南国の花だそう。
初めて香りを嗅ぎましたが、とても甘くて良い香り。

ラベンダーは、正直単品では好きではないのですが、
香水などでブレンドされているものは好きです。
香りが涼しくなる気がします(変な感覚ですみません)。
なので、どんな香りになるかますます楽しみ。


更に、石けんのベースはマルセイユなんですが、
精製水のかわりにシャンパンを使用。(アルコール分は飛ばします)
何でも潤いのあるイイ石けんになるのだそうな。
それからホホバオイルもオプションで入ります。
うーん、何か使い心地がよさそうです。


淡いピンク色の石けんならば、と
張り切ってハートの型を購入。(製菓用・シリコン製)
シリコンは型だしがしやすいという噂も聞いたので
良かったら今後も採り入れたい!



さて、まずはシャンパンのアルコール分を飛ばす作業から入りました。

アルコール分・・・飛ばしちゃうんですね・・・
そりゃそうですよね・・・
も・・・もったいな・・・・


汚いガス台ですんません


グツグツ沸騰させて5分。
シャンパンのすごく良い匂いが鍋からむわーんと漂ってきます。
もったいないです。
飲みたかったです。
アルコール分のないシャンパンなんて、ただの水さ・・・


あとは、あら熱を取ってから、冷蔵庫で冷やします。
量が減った分、精製水でかさを増します。




さて、冷蔵庫で15分、
冷えたかなーと思って手順通り苛性ソーダと混ぜ合わせたところ・・・











苛性ソーダ水溶液が茶色に


ええええええええ何でーーーーーーーーーーー!?

すごい煙も出てきてテンパりました。
窓を更に全開にしたけれど、怖くて心臓がバクバクして逃げたかったです。

普通の精製水だと60度くらいまでしか上がらないのですが、
今回は90度まで跳ね上がる。
何かすごい匂いもしてきました。硫黄みたいな。
写真を撮りたかったけど怖くて撮れませんでした。
←こんな色に。


これ・・・失敗・・・?



こんなことなら
シャンパンのアルコール飛ばさないで飲んでおけばよかった







と思いつつグルグルしていると、次第に温度も下がって煙も収まり・・・


多分、冷やし方が足りなかったんでしょうね。
ぬるい精製水でも温度がはねあがり、煙が大量に出ると言いますから。

茶色いのは何故だろう、と思いましたが、
まあシャンパンの何かと苛性ソーダの間に何かがあったんでしょう。
本には書いてありませんでしたけど、
ネットで調べていたら、水溶液が赤茶になったという記述もありましたし、
とりあえずは一安心。

シャンパンは良く冷やしてから!







あとはマルセイユと同じ、油と混ぜ合わせてグルグル。
油脂と合わせれば、この色もきっとクリーム色になるに違いありません。
少しずつ苛性ソーダ水溶液をボウルに入れていきます。





・・・



なんか・・・













まだ茶色い



クリーミーしいたけ色っていうんですかね。(何だそれ)
全然美味しそうじゃないミルクティーの色です。
油と混ぜ合わせても、まだ苛性ソーダシャンパン溶液の茶色が色濃く出ているんですよ。

え、これマジでピンクになるんですか・・・




その後、眠って仕事行って20時間放置。
帰宅するとやや固めのトレースが出ていたので焦ってオプション・EO入れ開始。

EOは、予算の関係でネロリが手に入らず、
フランジュパニ、ラベンダー、オレンジの3種類です。
混ぜた直後は、何だかラベンダーの香りが一番強く出ているような気がしました。
熟成後には印象が変わるのでしょうか・・・?


そして問題の着色。
パプリカパウダーが手に入らなかったので、ピンククレイで。
(もうこりゃ別物ですな)

少量のタネを取り出し、クレイを混ぜると、
←こんな色に

おお〜しいたけ色に勝ってピンクになるじゃんかー!






と喜んだのもつかの間










着色済みタネをボウルに戻して混ぜると



やっぱりクリーミーしいたけ色

ピンクはしいたけに負けた。

こぼしまくりでスミマセン


・・・
・・・・・・

・・・・・・よく見ると、
しいたけ色の中にも、若干ピンク味が入ってるかな☆

って、無理すれば言えなくもないけど言えないよ絶対。





こんなことならシャンパン飲んで(以下略)





せっかく買ったハートの型も、
クリーミーしいたけ石けんじゃ申し訳ないです。

更にこぼしまくりですんません



「花嫁のはにかみ」改め、

「クリーミーしいたけのハート石けん」で(長いし)


熟成中にしいたけ色がおさまって、本のようなピンク色になるのでしょうか〜?
posted by ル ブルー at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りせっけんライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ル ブルーさん、こんにちは☆

すごい!
どんどん新作が増えていってますね・・!
シャンパンの入った石鹸なんて、素敵!
EOも私の大好きな香りばかりです(聞いてないから。)

クリ〜ミ〜しいたけ色って!(笑
でも使い心地が本当に良さそうですね。
出来上がりが楽しみですね〜。

もう本当、出来上がったら
く、下さい・・(何その厚かましさ 笑)
冗談はさておき、
使われた際のレポートも楽しみにしております♪
Posted by じたこ at 2006年02月22日 19:01
じたこさん、こんにちは!

初心者ゆえの勢いという感じですが・・・(^^;)
まだ最初のマルセイユも解禁になっていないのに、
張り切りすぎです私。

精油の組み合わせ、素敵ですよね♪
自分ではとても考えられないです。
でも今はラベンダーが一番強く、
オレンジが消えちゃってる感じです。
(柑橘系って淡いですよね〜)

家族は「お前の作った物なんか怖いわ」と
酷いことを言っているのですが、
それでも貰って頂けるなら喜んで・・・!(笑)
本当に早く使ってみたいです。

でもシャンパンはやっぱり飲んだ方が(以下略)
Posted by ル ブルー→じたこさんへ at 2006年02月23日 14:49
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13558831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。