2009年07月17日

大人の試験攻略法

この間、筆記試験を受けました。


会場には若い人ばっかりなんだろうな、浮くだろうな…
とビクビクしながら行きましたが、
予想に反して結構オッサンたちがいてホッとしました。
(おじさまたちの中で浮かない自分も少々悲しいものがあるが)

でも、メイン層はやっぱりつい先日まで学生だったような人たちでした。
お肌がツルツルしてるよ。


わたくし、学生のとき頑張らなかった分を
今必死に回収しようとしているわけなのですが、
過去の自分をぶん殴りたい気持ちでいっぱいです。
確かに、
「何かを始めるのに、遅過ぎるということはない」
という素敵な言葉がありますが、
ものを覚える力だけは確実に年数ともに劣化するのです。
リアルに「1つ覚えるとその前に覚えたことを忘れる」んです。

夕飯の買い物ですら、メモしてないと1,2品は確実に買い忘れます。
そんな私が次々に重要項目を暗記できるわけねぇんだよ!!!!!



と、逆ギレしてみましたが、
「年を重ねると熟練していく能力」についても実感しています。
それは「考える力」です。
思考力は経験とともに深まっていくのではないでしょうか。
年上の方の意見は自分にとって思いもしなかった視点であったり、
深い考えであったりします。

年齢とともに記憶力が落ちていくのは致し方ありません。
学生ではない私には、私なりの試験攻略法があるように思います。
そう、「新卒には勝てないなあ」なんて言い訳にしてはいけないのです。
大人の能力を見せつけてやらないとネ!



















っていう素敵な「大人の思考力」で利用したのが
六角エンピツです。

番号を書いて転がすわけなんですが、
これがまた普通の使い方とはちょっと違います。
試験は5択なので、「6」が出たら「もう一度ふり直し」の意味になります。
この発想力が「さすが大人!」って感じですよね。




どうでもいいんですけどセンター試験のときも同じエンピツ使いました。
10年ちょっと経っても思考力が変化していない気がするのですが、
気にしないことにします。
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(0) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。