2006年01月23日

CHERRY BLOSSOM/GUERLAIN

cherry blossom・・・大分量が減っていてすみませ・・・

ゲランのチェリーブロッサム(香水)。


以前は一年に一度発売される限定品で、
桜をあしらった小さな瓶が可愛くて、いつか欲しいなあと、
春になると見かけてはうっとりしていました。

現在はレギュラー化、30mlボトルも登場したそうです。


30mL 36,750円(税抜 35,000円)
7.5mL 17,850円 (税抜 17,000円)

香調:パウダリー・フローラル

トップ:ベルガモット
ミドル:グリーンティー、桜、ジャスミン
ラスト:ウッディ、モダンパウダリー



以下、またまた独り言ワールド展開中なので、
チェリーブロッサムに思い入れの強い方は要注意です。


4月。

就職して初めてのお給料で買った、
初めての「香水」。(*賦香率の意味で)
そして、初めてのゲラン様。
(お・・・思わず「様」をつけたくなるんですわ・・・)


2万円近いフレグランスを買うこと自体が初めてで、
こんな濃度の高いものを買うのも初めてで、
カウンターでものすごく逡巡しました。

でも、小さくて可愛い瓶に惹かれて、
えーい、私も社会人だし!と大枚はたいて購入しました。


ゲランの香水には、学生の頃から関連書籍を読んではものすごく憧れていました。
いつか絶対自分のお金で買うんだ!と思っていたので、
手にしたときは分不相応ながら、とてもとても嬉しかったです。




ところで、私は桜の花が苦手です。
(それなら何故チェリーブロッサムを買うんだよ)


訂正、
「満開の桜」が苦手です。


何か、もくもくしていて怖いんです。
満開の桜の木の下とか走って逃げますよ。
友達に言うと、おかしいよ、と笑われました。


しかし、「散る桜」は大好きです。
桜は散る姿が美しい、と一般に言われるように、
私もハラハラと散る花びらにそう思うのですが、
それよりも、散り始めるとホッとするんです。
何か相当病んでますな。




この香りがイメージする桜が「満開」か「散り際」か、
といえば、
散り際の方の桜に感じました。

私だけの独特な、へんてこな感想だとは思いますが、
これを纏って歩くと、
自分の体からハラハラと桜が散っていくような感覚を覚えます。
風に溶けるような香り方をする、と言い換えれば良いのでしょうか。

香水なので、プライベートな範囲にしか香らないはずだし、
その分香りは強くて、指先につくとなかなか香りが落ちないんですけど。
でも、何故か、
香り方は風に吹かれると、
ひらり、ひらりと、舞い散るように感じるのです。
(変な感性ですみません。)


これが厳密に「桜の香り」かというと、
少し違う気がします。

トップはベルガモットが強く、
ミドルではグリーンティーが印象的で、
ラストは少しパウダリーに。

「桜をイメージした香り」というのなら納得します。
どちらかというと、「桜餅」のよう。(非常に俗っぽい表現で申し訳ないです)

どこに桜・・・?とは思うのだけれど、
それでも香り方に散りゆく桜を連想してしまいます。





ひっそり咲き、
そしてハラハラ散っていくような、
桜の一生。
春になると必ず纏いたくなる、桜の化身。

私はこの香りに出会ってから、
前のように満開の桜が怖くはなくなりました。
あんなに綺麗でいっぱいの花を懸命にその枝で支えているのに、
怖がっては悪いですよね。
オマエも一生懸命咲いてるんだよなあ・・・と思えるようになって。

変質にビクビクしながら、毎年春になると使っています。










大事に使っていたら、ついにこんなに減りました!
ってのが最初の写真です・・・


と思いきや、
いやいや、一日香るのでつけ直しが必要なくて、
まだ三年経っても半分くらい残っていたのですが、

この間、思いっきりドバーっとこぼしちゃいました。(粗雑)


一足早く私の家に春がやってきました。(涙)
posted by ル ブルー at 12:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 香水エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またもや前の記事にTBをして失礼を…
と申し上げに来たのですが、TBの欄がゼロのままですね。失敗かな…
もし反映されていないようでしたらまた改めてTBさせて下さいませ。

ル ブルーさんがお持ちのチェリブロは瓶が私の物と微妙に違いますね。箱も違うのでしょうか。
そちらの方が良いなあ(笑)
Posted by 眞子 at 2007年05月18日 19:00
眞子さん、こんにちは!

トラックバックありがとうございます・・・!
実は結構前からトラックバックを承認制にしているので、
手動で確認して反映されるまでちょっと時間がかかるのです。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
(seesaaって、何かEROトラバが多いんですよ[汗(大)]なので承認制にしています・・・)

私が購入したチェリーブロッサムは、まだ限定だった頃のものだと思います。
大分酷使して、ボトルの房飾りも取れちゃったんですよ←最悪
眞子さんお買いあげのボトルも素敵でしたよ〜[ハートいっぱい]

私の香水記事は知ったかぶっていてお恥ずかしいです[汗(大)]
でも、トラックバックしていただけて励みになりました。
Posted by ル ブルー→眞子さんへ at 2007年05月21日 09:35
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12114333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

The Last Spring of CHERRY BLOSSAM
Excerpt: 4月の事なのですが、ゲランで衝動買いをしてしまいました。 1999年から春限定で発売され、 2004年頃から通年販売になっていた チェリーブロッサムシリーズが廃番になる、と聞いたので… 記..
Weblog: 浅葱と薄浅葱
Tracked: 2007-05-18 18:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。