2005年12月15日

サンタマリアノヴェッラに行ってみよう

マイ・ハニーがサンタマリアノヴェッラに興味があるようなので、
私が初めてサンタ・マリア・ノヴェッラ銀座コマツ店に行ったときのレポートを書いておきます。


あまり香りについて詳しくありませんし、
勉強するつもりで調べつつ書きます。
「通ぶりやがってウゼー」と思ったらめくらないことを推奨です。


サンタ・マリア・ノヴェッラ(Santa Maria Novella)とは・・・

イタリア・フィレンツェに佇む、800年の歴史を持つ世界最古の薬局。
石けんやクリーム、香水等を作っています。
ドミニコ修道士の「癒し」の思想が起源なのだとか。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局は、メディチ家の信頼も厚く、
カテリーナ・ディ・メディチがフランスにお嫁にいくときに特別に調合したという
「Acqua della regina(王妃の水)」はフランスで大流行、
これは、オーデコロンの起源と言われているそうです。



○年の歴史!とか、
「王妃が輿入れの際にフランスに持参・・・」なんていうエピソードに弱いわたくし、
当然サンタ・マリア・ノヴェッラを試香してみたい!と思いました。

色々ネットで情報を集めていると、
取り扱い店舗がとても少ない。
その数少ない店舗は、フィレンツェ本店をイメージした内装で特異な空間なのだとか。
そして、ちょっと敷居の高い雰囲気を発しているのだとかいう情報も。
テスターを表に置いていなくて、
カウンターで店員さんにわざわざ出して貰う・・・とか。
うーん、何だか高級そうなイメージだぞ。

とりあえず、前情報を元にドキドキしながら、
銀座コマツの店舗に勇気を出して突撃してみました。


ジーパンで。
(やる気ねー)






ちょっと入り口が分かりにくいところにあります。
でも店構えが独特なので、通りが分かればすぐに見つかりました。


両側にドーンと並んだ薬品棚!
細かい細工!
そして、店内に溢れるポプリのような、石けんのような、独特の香り・・・。



これが、フィレンツェなのね・・・!
(行ったことねー)



雰囲気に気圧されつつ、周りを見回すと、
確かに情報通りテスターがないです。
棚の中には石けんやクリーム、香水らしき箱もちらほらありますが。

店内に人はまばら。
店員さんの方から声をかけてくることはなかったです。
(私が貧乏そうだからか)
ちょっと詳しそうな男性が、カウンターでしきりにムエットを試していました。



カウンターの中の店員さんにコロンが欲しい旨を申し上げると、
まずは40種類近くのコロンの名前が書いてある一覧表を下さいました。

「どれか、お試ししたいものはありますか?」

と聞かれるものの、頭は大混乱。
だって40種類ですよー。

コロンの名前はシンプルで、花の名前がそのまんまついているものが多いです。
香りが想像しやすいんですけどね。


好きな香りのタイプを適当にお話したら、
いくつかをムエットに吹き付けて手渡して下さいました。

その際、ひとつひとつに香りの名前を書いて下さる親切さで、感激しました!



図々しくも何種類も試させて頂いたのですが、
鼻がアホになった時のリセット用のコーヒー豆も置いてありました。親切です。

ただ、店内が独特の香りに包まれているため、
店内で試香した際と、外に出てから試香した際とでは、
印象が大分違いました。
本当に正確に香りを把握したいのなら、
一度ムエットを持ち帰る方がよさそうです。
店内では、「王妃の水(サンタマリアノヴェッラ)」の香りがほとんど分かりませんでした。

私の鼻が鈍いせいもあるかもしれませんが。




以下、何回か通って試した香りの感想を簡単に書いておきます。


★「王妃の水(サンタマリアノヴェッラ)」
 優しいシトラスの香り。ベルガモットが主成分の印象。
 すっきりして少女らしく、良い香りだと思いました。

 香り立ちは弱めで、ムエットから数日で香りが消えてしまいました。
 多分サンタマリアノヴェッラの中で一番弱いのではないでしょうか。

 付けたてはアルコール臭が目立ち、ツンとします。

☆「シチリア」
 マンダリンとビターオレンジの香り。
 すっきりして太陽の明るさを感じる良い香り!
 香り立ちはやや弱め。

★「フリージア」
 イメージは「金色の光」。
 甘くて優しい香り。
 生花のフリージアよりはややまったりした香りだと思いました。
 香りの変化はほとんどなくてフェイドアウトしていく感じです。

☆「エニシダ(ジネストラ)」
 グリーンフローラル。
 どこか懐かしい、草原で遊んだ思い出を呼び起こすような香り。
 試した中では香り立ちが一番強い印象でした。
 数日経っても香りがきちんとムエットに残っています。
 ルブ男が気に入っていた。

☆「ミモザ」
 第一印象は「個性的な花の香り」。
 パウダリーです。
 トップは正直鼻についてしまったのですが、
 ミドル以降落ち着いて、やわらかな花の香りで素敵でした。

★「アイリス」
 清潔感溢れる香り。
 どこか石鹸っぽい印象で、甘すぎず、ツンとした感じもあります。
 ラストがややパウダリーになり、スミレに似てきます。
 色のイメージは紫色だなあ・・・

 下半身につけたときの香り立ちがとっても好き。

★「ローザ(ローズ)」
 バラの香水はまったしている・・・という私の固定観念を打ち破ってくれた香り。
 すっきりしていて繊細。
 ラストが燻したようになり、白檀にちょっと似ている??

 香水が苦手な友達が「良い香り〜!」と絶賛していました。

★「ルッサ」
 ビターオレンジ・ベルガモットのトップからムスクへ。
 試した中では、一番香りの変化が分かりやすかったです。
 ロシア貴族のために作られた香りだそうで、
 使われている香料はメンズ向けっぽいけれど、女性も大丈夫そう。


ルッサとフリージアは現品を買いました。
あと「オレンジの花」を試香してみたいです。
これだけ種類があると、選ぶ楽しみがありますね。

全体の香りの印象を申し上げると、
当時から製法が変わっていないとかで、
どこかハーブっぽい感じがしてクラシカルな、
シングルノートに近い素朴な香りが多かったです。
特にムスクは「古い」感じがしました。(悪い意味ではないですあせあせ(飛び散る汗)

香りの変化はおだやかで、
「あれっ、最初はこんな香りだったっけ」みたいなめまぐるしい変化はないです。

そして、どれも香り立ちは弱めで、物足りなく感じる人もいらっしゃるかも。
私は香水の付け方が上手ではなく、
鼻が弱くて自分の香りでも頭痛がするので、これくらいの香り方が丁度いいですけれども。

ほとんどが100mlで12000〜14000円台。
50mlで売ってほしいなあ〜と個人的には希望。
ボトルがクラシカルで素敵で、シリアルナンバー入り。

伊勢丹メンズ館にも置いてありますが、全種類はないですよー。

サンタマリアノヴェッラ


〔ホームページ〕
日本では代理店が2つあるみたいで、HPも2つあります。

http://www.santamarianovella.jp/ ヤマノアンドアソシエイツ
http://www.santa-maria-novella.co.jp/ コンチェッスィオナーリオ・イン・トーキョーオフィチーナ・プロフーモ・ファルマテェウティカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラ

http://www.smnovella.it/ フィレンツェ本店



グダグダなレポートですが、
少しでもご参考になれば嬉しいです。
読んで下さってありがとうございました。



〔2007.5.2 追記〕

「サンタマリアノヴェッラ」で検索して来られる方が多いため、
古い記事のままにしておくのも何なので・・・
(こんな記事でガッカリしませんでしたでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

その後いくつか購入したものなどもあり、上記コメントを追加しました。
☆がムエット、試香、
★が購入です。


以下に新しく試した香りの感想を簡単に記しておきます。


☆カプリフォーリオ(すいかずら)
 アニックのすいかずらよりも青さが表に出ているように感じました。
 5月の雨上がりに草原を歩いているようなイメージ。
 最初はあまり甘さはないけれど、
 ラストの方で甘さが出てきます。
 服に付いた残り香にブドウのような味わいがありました。

☆ゴールドマスク
 石鹸+ハーブという印象。
 マスクよりやや甘さが抑えてあると感じました。

 ときどき「おじさんくさいかな?」と感じたりもしましたが、
 総じて良い香りだなーと思いました。

☆マスク
 ゴールドマスクより甘く、バニラよりは甘くない。
 ムスクのむんむんした感じ(偏見でスミマセン)は弱めだと思います。

☆バニラ
 バニラエッセンスというより、やや焦げたような甘みがありました。
 アニックグタールやセルジュルタンスのバニラ香水よりは
 軽い感じでした。

 それでも暑い時期には厳しいかもしれないけど、
 冬にはとても暖かく過ごせそう。

☆オレンジの花
 甘くてやわらかなネロリの香り。
 精油よりはサッパリしていて、
 良い意味で入浴剤のような爽快感があります。
 (ご不快になられたら申し訳ありません)



一応、全部手首につけて一日過ごした感想です。
あんまり鼻が良くないのでトンチンカンなことを申し上げていたらすみません。
少しでも参考になれば幸いです。
posted by ル ブルー at 15:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 香水エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何と!

店舗、コマツの中にあるんですか?
もしかして前ロクシタンがあった所でしょうか。
かなり長いことコマツなんて入ってない(買えるものがない)ので・・!

メディチ家(ちゃんと発音できたためしがない)の話は
研修等でよく耳にしていましたが、
それがノヴェッラだったとは・・・
初耳でした☆
勉強になります〜

コマツは私にとっては敷居の高い所ですが、
伊勢丹じゃ知り合いの目が気になって
ろくに試せないので、
今度行ってみたいと思います♪

とっても参考になりました。
ありがとうございます!

Posted by じたこ at 2005年12月15日 22:22
ルブルーさん、おはようございます。

体調が悪いときでも唯一鼻が受け入れてくれた香りがノヴェッラだったこともあり、憧れをいだいたまま、未だお店に入れません。

敷居の高さとお値段がネックで。
(私も50mlにして欲しいに1票!)

来年の目標に「ノヴェッラに行く!」を入れようかな。

いつもながら、わかりやすく愛のあるレポート感心しました!
Posted by C姐 at 2005年12月16日 10:22
詳しくありがとう♪
なるほどなるほどフムフム・・・。メモメモ。

今度にゃぜうっとおしく聞いたか説明するね☆
Posted by ミッシェル at 2005年12月16日 11:26
じたこさん、こんにちは!

じたこさんは、サンタ・マリア・ノヴェッラについても研修で学ばれたのですね・・・!
素敵すぎです(..* )ポッ・・・

以前ロクシタンだったかどうか分からないのですが、
コマツの表通りに面したほうじゃなくて、
裏通り(?)の方に入り口があります。
ちょっと入りにくい感じの・・・
コマツからは独立した感じになっています。

伊勢丹は好きにテスターが試せて良いのですが、
お店の雰囲気が素敵なので、一度は店舗に是非足を運んでみて下さい♪
買わずには帰りにくい雰囲気はプレッシャーですが・・・(笑)
Posted by ル ブルー→じたこさんへ at 2005年12月19日 10:14
C姐さん、こんにちは!
企画の際には色々ありがとうございました☆

分かりやすい、と言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます・・・!
私なんぞがあれこれ言っていいものか
ビクビクしながら書いたので、
優しいお言葉をかけていただいてちょっとほっとしました。

本当に優しくて繊細な香り立ちですよね。
体調の悪い時にも・・・というC姐さんのお言葉、よく分かります。
店内の独特の香りや石けんなんかも素敵なので、
是非ちらっ・・・と入ってみてください!
ていうか是非ご一緒させてください♪
Posted by ル ブルー→C姐さんへ at 2005年12月19日 10:14
ミッシェル、こんにちは!

こんなんで参考になったかしら・・・?
とにかく種類が多いので、直感を信じて色々試してみてね!

そういえば青山とか六本木の方にも店舗があったかも〜。
銀座店は落ち着いたところにあって、
いつも日曜に行くけど比較的空いていたよ。
Posted by ル ブルー→ミッシェルへ at 2005年12月19日 10:17
こんにちは。

サンタ・マリア・ノヴェッラで検索してたら、ここに着いちゃって、興味深く読ませてもらいました。

学生の頃に、憧れというか、将来はこんなおっちゃんになってやるぞなんて思ってたことがあって、
最近になって、その人にその頃使っていたコロンを尋ねたところ、
「なんとかマリアだったと思う」って返答でした。

もし宜しければ、教えていただきたいのですが、サンタ・マリア・ノヴェッラで、赤茶系の色でとても男性的な香りのする香水はありますか?

伊勢丹新宿に行こうと思っていますが、見かけたりしましたでしょうか?


通りすがりの者でで申し訳ございませんが、書き込みさせていただきました。

宜しくお願い致します。
Posted by MKT at 2006年10月03日 15:17
MKTさん、はじめまして!

ご質問の件ですが、
赤茶系の色と言われると、「パチュリ」が思い浮かびます。
パチュリよりも、もうちょっと赤みが薄い色ですが、
茶色っぽい色のものが他にも2,3あると記憶しているので、
確実にコレ!とは言えないのですが・・・
(「ゴールドマスク」とか「マレッシャラ(?)」とかいうのも
 茶色っぽい色をしていました。)

とりあえず、確実に言えるのは、
一番濃い色のものは「パチュリ」でした。
ちょっとお香っぽいオリエンタルな香りでしたが、
そのような香りでしたでしょうか。

あと、
伊勢丹メンズ館の香水売り場を最後に見たのが半年前でして、
商品入れ替えもあるかと思うので、
確実に伊勢丹メンズ館にパチュリが置いてあるかどうか明言できません・・・。
申し訳ありません。
当時は見たような気もするのですが、そのあたりの記憶も曖昧です。
お探しの香りが確実にパチュリとは限らないので、
伊勢丹メンズ館は一部の香水しか取り扱っておらず、
銀座や青山の専門店でしたら全種類揃えてあるはずなので、
非常に差し出がましいですが、
色々お試しになるという意味でも、専門店の方が確実かなとは思います。
(場所とお時間のご都合もあるかと思いますが・・・)

コレド日本橋や玉川高島屋のソニプラにも入っているようですが、
そこも全種類はないそうです。
気軽にテスターを試せるので、デパートで見る方が気が楽ですよね。

お役に立てるかどうか分かりませんが、
ご参考までに・・・!
同じブランドの香水をお好きな方がいらっしゃると思うと、
非常におこがましいですが、何だか嬉しいです(^^)
Posted by ル ブルー→MKTさんへ at 2006年10月03日 16:27
参考になりました。

丁寧な文面で気持ちよく読ませていただきました。
ありがとうございます。

なんか敷居が高そうですが、専門店にも行ってみます。

このブログに辿り着いたことに感謝して。
ではでは。

Posted by MKT at 2006年10月04日 13:44
今読み返してみても曖昧な情報ばかりで恐縮なのですが、
そう言って頂けると嬉しいです。

銀座コマツ裏の店舗は、
結構そのへんを銀ブラしていたおばさまたちが、
「ここ何の店?」
とか言って入ってきたこともあったので、
思ったより敷居は高くないかもしれませんよ。
店員さんとお話することで得られるものもたくさんありますし、
機会があれば是非・・・!

お探しの香りが見つかることをお祈り致しております(^^)
Posted by ル ブルー→MKTさんへ at 2006年10月05日 11:40

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。