2010年03月30日

三十路になるまでにしておきたいこと

ついに、自動車学校に入校しました。

まあ車乗らなくても生活できるしお金ないし…というのを言い訳に約10年。
義母も子供を産んでから取ったというし、
まあ必要になってからでいいでしょ☆と気楽に考えていました。

そんな私の背中を突き飛ば…押したのは、
ポストに入っていた教習所のチラシでした。


『29歳まで再試験何回でも無料☆』


文字が心…目に突き刺さりました。

じゃあ30歳からはどうなっちゃうの?
落ちたら毎回検定料払うの?(((゚Д゚;)))



わたくし、ただいま29歳。
20代もあと5ヶ月で終わります。

年末に高校の同級生達と忘年会をしました。
早生まれをのぞいてみんな29歳です。

「30歳は二度目の成人式って言うよね」

誰かが言いました。

「じゃあ、30までにしたいことって何かある?」

そんな話で盛り上がりました。
でも、29が30になったところで、
本やテレビが言うほど何かが変わるとは思えない、とも話しました。
脳やお肌の曲がり角などとうに来てますし(カワイソウ)、
ぱっと思いつくのは、参議院議員の被選挙権くらいでしょうか。
やはり大きな区切りは、新たな権利や義務が与えられる「20歳」だろうと。




でも、あの時のみんな。
そうは言ったけど、ありました。


『29歳まで再試験何回でも無料☆』


どう考えても一発で受からなさそうな私は、
早く免許とりにいかなきゃ
(あと半年もないがな)



次に悩んだのが教習所決め。
何だか色々あります。
料金も似たり寄ったりでよくわかりません。
最初チラシで見た「29歳枠」がないところもあり、やる気がそがれていく。←何というヘタレ


そんな中、ある教習所の見学に行ったとき、
最寄り駅からの道がわからなくなったので電話をかけました。

「見学の予約をしたルブルーですが、
いま××が見えるところにいるんですが、
ここからどう行けばばそちらに着きますでしょうか」


と尋ねたら、教習所の人は、

「お車でおいでですか?」

と言いました。




車に乗って行けたら、免許取りに行く必要ないと思うの。



いい感じのボケだったので、ここに決めました。
いま気がついたけど、家族に車で送ってもらう人がいるのかもしらんね
posted by ル ブルー at 14:09| Comment(2) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

がら空きだぜ

夕刊をとりに行こうと玄関を出たら、
玄関前に男性のものと見られるサイズの大きな足跡(泥)がついていました。


昨日までは無かったもの。
いや、たぶん朝も無かったはず。

その足跡の主は、どうやら庭から回ってきたようで、
玄関の前で立ち止まっていました。
前日、軽く雨が降ったので、庭の土がついて足跡が残ったのでしょう。

シンプルなスニーカーの足跡なのに、
目に入ったときの衝撃といったらありません。
(夫は普段革靴なので、スニーカーの足跡は彼のではないことは確か)
一応(小さいながらも)門はあるので、
庭〜玄関はこちらから迎え入れない限りは勝手には入れない場所です。
誰がここまで入ってきたんだろう…と恐怖がこみあげてきました。


庭にはまだ何もないし、玄関まわりで無くなっているものもないようです。
(まあ大したものは置いてない)
とりあえず玄関まで来てあきらめてくれたのでしょうか…
何事もなくてよかったけれど、
もっとセンサーライトとかセキュリティとか考えないといけないかも。
恐怖もそうですが、なんとも言えない不快感もあります。
いやな世の中だなあ…













などと思いつつ、
今思い出したんですが、私、昼間庭に出ました。
晴れたから植物を植えようと思って。

そもそも玄関で折り返してないで消えてるし、
この足跡、私のじゃね?

(足のサイズ25センチ&メンズスニーカー愛用)











自分の足跡を見て「男性のものと見られる」ととっさに思うのがむなしかったんですが、
それよりもむなしいのは昼間の自分の行動を夜にはすっかり忘れていたことです。
あと、うろうろ歩きすぎだよ…一直線に歩けよ…
不審だよ私の歩いた跡……


でも、普段ぼーっとしてる自分にはほんと気を引き締めるいい機会なので、
戸締りとかセキュリティには気をつけようと思います。
自分(の足デカ)に教えられちゃったな☆テヘ!


どうでもいいんですけど、最近ピアノを始めたんですが、楽譜が読めなくなっていました。
14年のブランクあなおそろしや。(最初からブランクだった予感!)
posted by ル ブルー at 00:34| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

視界良好

来客が続いてバタバタしていました。
元気です。
親戚がきたり、また友達が泊まりにきてくれたりして楽しく過ごしました。
今日は遊びまわったツケで一日引きこもって仕事をしています。


人間らしい生活うんぬんと前の記事で言いつつ、
エアコンとリビングの電気がまだありません。

エアコンはまあ、今の季節ストーブがあるので何とかなるとして、
問題は電気です。

ただの蛍光灯をつけるのは味気ないのでいいものがみつかるまで…と放置していたんですけど、
本当にもう早く買わないと。
最初からついているライトだけでは薄暗く、なんと言うか場末のバー?
夜になると字が読めません。
困りました。


でも、これはあかりだけの問題ではない気がしてきました。
近頃、視力が落ちてきたよう感じがするんです。
昼間でもなんだかものが見にくい。
そういえば、今使っているめがねを買ったのは大学生のとき…
8年〜10年前なのではなかろうか。
そりゃ字も読めないわなあ。


というわけで、先日、町に出てめがね屋をたずねました。


先ほども書きましたが、めがねを新調するのはかれこれ10年近くぶり。
最新フレームのどれもこれも似合わなくて困りました。
ていうか何なの最近のおしゃれめがね。
フレームうんぬんの前にレンズの面積がどれも小さくてびっくりです。
私が最後に買ったときのレンズの半分くらいしかないんだけど。

「レンズが大きいと、どうしても昔っぽい雰囲気になりますね」

とめがね屋の店員さんが言うんですけど、私は顔がでかいんです。
素でジョ○レノンみたいな状態になっちゃう私の気持ちを考えてください。
(ジョン○ノンに謝れ)


そんな葛藤の中で、何とか昔っぽくなく、
小さすぎず大きすぎない、それなりに顔におさまりそうなものを選びました。
お店中のめがねをかけたんじゃないかしら。鼻あぶらつけまくってすみません。
度も結構あげたので、視界もハッキリクッキリ。
やったーいい買い物したー!









今気がついたんですけど、町で電気買えばよかった。
遠景がよく見えるものの、やっぱり部屋が暗くて字が読めないんですけど。
(脳みそにかけられるめがねをください)
posted by ル ブルー at 18:41| Comment(0) | 日常茶飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。