2009年10月05日

怖い話

実家に泊まるときは、姉の部屋に寝かせてもらう。

「そういえばね」

電気を消してオヤスミ、と言い合ったあとに、
私たちはまだ会話をだらだら続けることがある。
この日も姉が話を持ち出した。

「夜中に誰かがこの部屋のドアを小さくコンコン、って叩いててさ」
「ちょっ、怖い話?やめてよ」

私は怪談の類が苦手だ。
苦手というか、あの人を驚かせようという話の作りが嫌いなのである。
(断固として「怪談は作り話」という前提にたたせていただく)
まったくもって卑怯極まりない。
その能力を別の方向に向けて欲しいとすら思う。
要するに怖くて眠れなくなるのでやめて下さい。

「それでね、お母さんかな?って思ったの。
 で、なんとなくドアの方を見たら、下から灯りが漏れてるのよ。
 廊下の電気は寝る前に消したはずなのに」

「ちょっっっっっマジやめてお姉ちゃんやめて」

隣に寝ている姉にぬいぐるみでアタックするが、彼女は話をやめない。
何の意図があってこんな話をするのだろう。

「まあ起きるのも面倒だし無視してたら、
 一定の間隔でまた、『トントン…トントントントン…』ってノックし続けるの。
 さすがに怖いなあと思ってね。ちょっと様子をうかがったわけ。

 しばらく待ってたらノックしてるだけで絶対入ってこないんだよ。音も小さいし。だから寝たわ」

だから寝た んですか

*私の姉は怪談大好き、ホラー漫画を集めていた過去があります
 ちなみにジェットコースターも好きです



「なんで寝る前にそんな話するのさ!怖いじゃん」

私が抗議すると、

「まあ、大丈夫。多分ないない。アンタ霊感ないんでしょ」

姉はそうまとめると、すっと会話を止めた。
明日の朝も早いし、もう寝た方がいいかもしれない。
私は少々興奮した神経をおさえようと、ゆっくり呼吸をした。

怖い話の余韻はまだ残っているけれど、
確かに姉の言うとおり、私は霊感が無い。
怖い目になど遭うはずが無かろう…そう思い目を閉じた。


続きを読む(無駄に長いです)
posted by ル ブルー at 00:00| Comment(2) | (特に)とりとめのないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。